1. Top
  2. » 2011/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

遊戯王5D's 終幕

ジャンク・ウォリアーの出番が減っていたのは、
このEDに繋げるためだったんだね!!まさかの伏線だよ!!!

デュエル内容を書こうと思ったのですが、
量が多いのと、メモを取るのを忘れ、
完全に把握することがまだできていないので、
実際に見て「確かみてみろ!」って感じで、詳しくは書きません。



雨の中カードゲームして大丈夫なのかとか、いまさラリー達とか、
お前らどこ走ってんだよ(壁走りや第一話の場所など)
などなどツッコミどころもありましたが、
演出が神がかってて、個人的にはDM、GXを超えた最高のエンディングでした。

特にジャンク・ウォリアーを〆に持ってきた辺りを評価したい。
第一期OPを意識した演出に加え、今まで出番が減ってた分だけ感動が・・・


正直今回と前回の話に関しては放送されるまでは、
「事実上の最終回はZ-ONE決着まで、後は蛇足なんじゃね?」
とか思ってました。

スタッフさんすんませんでした。最後まで熱かった。
久々にアニメで最後まで見てよかったと思いましたわ。



いろいろ書きたいことはあるのに文章にまとまらねぇ!クソぅ!!
とりあえず、見ててよかったと思える作品でした。満足をありがとう!!

まさかここまで感動するとはなぁ・・・
バイクとかありえねーだろと思っていた放送初期が懐かしい。


さて、次作のゼアルに関して。
「ホープ剣スラッシュ」って何だ、ホープ剣って。
まぁそれ以上に「スタンディングデュエルをしてる、何だこいつら」と思ってしまった。
ゴッズ脳だなぁ・・・

原点復帰の子供向けになるそうですが、
遊戯王って子供向けだったのか。
GX序盤は子供向けかもですが、
DMはキャラ設定的に子供向けって感じじゃないですね、
なんかあ、でもヴァンガードも似たような設定か。
多重人格にはならないけど。

まぁ5D'sは設定の根本からして子供向けじゃないのは確定的に明らか。



実はゼアルに対しては、5D'sで最後と言われていたのに、
「次はこれ」と出てきた作品なので、期待してませんでした。
それなら5D'sをあと1年やってくれと思ってました、てか今も思ってます。


ただいざ5D'sが終わったとなったら、
ゼアルももしかしたら大丈夫かも?と思い始めてきたんです。
正直今でも地雷の匂いしかしないんですが、もしかしたら、と。

GXのように子供向けにしようとした前例がないわけではないですし。
途中でいつもの遊戯王に戻りましたが。


かっとビングとか言ってるけど、大丈夫だよね?
期待しても、いいよね?



アニメを見るのをやめれば解決?
馬鹿やろ、出来るならもうやってるわい。

» 続きを読む

スポンサーサイト

もう地震関係は書かないって約束したじゃないですかァー!

いや約束はしてませんが。
自分の中で、地震関係は書かないようにしようと決めてたので。

まぁ結局書いちまったワケですが。

【中国ブログ】大震災見て「なぜ助けない!」と誤解している中国人も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0328&f=national_0328_051.shtml

中国でも東日本大震災のニュースは大きく報道されているが、細かい部分までは報道されないためか、テレビを見て「なぜ被災地の人たちを救助しに行かないのか」と誤解している中国人もいるようだ。中国人ブロガー「寿丘山人」さんは、「日本人の二面性」というブログを掲載。日本人はマナーや社会規範をよく守る一方、融通が利かず冷淡な面もあるようだと主張している。以下、ブログの引用。

  大地震をきっかけに日本人の素質の高さにみんな注目しているが、一方では日本人には冷淡で陰鬱とした面もあるようだ。ネット上で見つけた文章に加筆して紹介しよう。日本人をより深く知るのに役立つはずだ。

  1.日本社会は組織がしっかりしていて、いざと言うときも冷静沈着。この点はすごい。災害発生時には、緊急時の避難計画に従ってすべての人が行動し、計画通りに避難所へと逃げられる。社会システムがマシーンのように動いており、慌てたり興奮したりすることがない。一個の社会がここまで組織化されているのを見ると、まったく敬服する。

  2.日本人はマシーンのように冷淡で怖い。地震発生直後は冷静な様子だったが、津波が来るとがくぜんとさせるような景色に変わっていた。災害現場には人っ子一人なく、軍隊も一般人も誰もいない。災害発生後の72時間以内なら、まだガレキの下に生きている人がいるかもしれないのに、誰も助けに行かない。一方、避難所は老人や子ども、若者など人で溢れている。整然と秩序を保った状態で、政府の救援物資を待ち続けているようだ。だが、積極的に被災した我が家を建て直しに行こうする人が誰もいないようだ。

  ニュース映像を見ると、被災していない地域ではいつも通りの生活のようだ。だが、誰も被災地に行って救助に当たろうとしない。食品や衣類を送ったり、被災者を迎えに行ったりもしないようだ。医者や救援スタッフも援助に行かず、被災地を他人事のように見ているようだ。中国の被災地で軍隊や民間ボランティアが一体となって救助に当たったのとは、大きな違いだ。こんな無感情な国民に、国際救援隊を派遣する意味などあるのだろうか。

  日本人は上に対して服従するばかりで、臨機応変に動くことができないようだ。計画的にものごとを進めるときは完璧だが、想定外の事態に直面すると、バカになってしまう。知識も訓練も役に立たず、命令がないと座して死を待つのみとなる。今回の地震で、日本の縮図を見たように思う。

  3.政府や政治家は実に無能。地震発生から今に至るまで、原発への散水のほかに何ら救助活動をしていないように見える。仙台空港で孤立していた約1200人に対しても、誰も救助しようとしない。原発事故についても、あの電力会社は事故を何度も隠蔽しようとした。そんな会社の不正に対しても、政府は見て見ぬふりをしている。


ひとこと言わせて欲しい。
あえていつも通り送っているように“見えるだけ”です。

まぁ確かに面倒事は勘弁したいといった感情が一切合切ないとは言いませんとも。


ただ、少なくとも、道路や線路は使えず、
港も当然使い物にならず、
空路は一般人に確保させる余裕が無い、
こんな状態だったのに、どう向かえと?

「誰も助けに行かない」ですか?
ええ、助けられるのであれば助けますとも。
ですがね、地震当時、今に至ってもなお、
ボランティアの方さえマトモに動けないというのに、
素人が行ってどうすると?自己満足なだけじゃないかと。
むしろ被害者数を1つ増やすだけでしょう。


冷淡なマシーン?今はただ単に、色々と我慢しているだけです。
色々と吐露したいですとも。先々が不安ですとも。
原発を始めとして、経済、就職、海産物への影響、数えだしたらキリがない。
ここ最近の事でしたら、
『福島地検いわき支部が勾留中の容疑者十数人を処分保留で釈放していた』
事に対して、無茶苦茶心配ですとも。


本当に機械なら良かったんですけどね。



ただ否定できることばかりではなくて。
「政府や政治家は実に無能」については全面的に肯定します。
もっと上手い手段はあったんじゃないの?と思う機会は少なくないです。
まぁ実際はそれらができないからってことなんでしょうけど、
現政府には、尖閣沖、口蹄疫の時の対応ような前科があるので。

「服従するばかりで、臨機応変に動くことができないようだ」
ということに関して、肯定できる面があります。
よく言えば思慮深い。悪く言えば優柔不断。
その通りでしょう。

「知識も訓練も役に立たず」は否定しますがね。
少なくとも、訓練が無駄になったということは決して無いです。
でなきゃ、「地震来た、高台へ逃げよう」という判断にはならないでしょう。
訓練なしならパニックになって終了です。




まぁ、こんなとこで言ったところで、意味が無いのはわかってるんですけどねぇ。
相手が海外(しかも中国)のブログな上、2日前の記事ですし。
いや、ついカッとなった。


地震系の記事は不確かなことやわからないことが多すぎて、
「書くことで頭の中を整理する」ということができず、
むしろ書くとモヤモヤとした不安と、
イライラが込み上げてくるから、
自分の中では書かないと決めたってだけだったんですが、
書かないってこともストレス貯まるんです。
そんな矢先、こんなのを見つけた。キレた。

すまなかったな、許してくれ。




ちなみに個人的には自粛ムードについては「否」です。

そりゃ宣伝カー等の燃料を使うものは大いに自粛してもらいたいですし、
個人の範囲でもやれる篭手ゃやるべきだとは思いますが、
いつも通り過ごせるところはいつも通り過ごすべきだと思うのですよ。


ところでアイレムさん。エイプリルフールネタや、
「絶体絶命都市4の開発中止」はまだしも、
既に販売してある「絶体絶命都市」まで自粛することはないと思うんだ・・・

災害対策のゲームを災害が起こったから販売終了、開発中止だなんて、
こんなの絶対おかしいよ。本末転倒だよ!

まぁこんなとこで言ってても仕方ねーわけですが。
不謹慎厨が湧いてこないようにするための策でしょうしねぇ。


さてと。訪問者数も目に見えて減ってきたし、
そろそろ色々書いていこうかな。
70人とか50人とか来てる状態で書くなんて羞恥プレイ以外の何物でもないし。
ベストは訪問者数が1桁なんだけどなぁ。

» 続きを読む

ぽぽぽぽーん

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000528-san-pol
これで支持率が戻ったりするから不思議だ。
なんで今、問責で辞めた人間を引きずり出すのか。

地震関係のことは、素人が書いて、
不安を煽るべきではないと思い、自粛してましたが、
我慢できなかった。仙石といい、これといい、いくらなんでもひどい。

確かに現実問題、これをしなきゃマズイってのは分かるのですがねぇ…
次は柳田、赤松か、はたまた岡崎か…終いにゃ鳩山連れてくることになるんじゃね?



さてさて、昨日は欝丸出しだったから、
今日は気楽にいこうと思ってたのになぁ。

とは言っても気楽に書けるようなネタなどないのだが。

ネタが無いとElonaに走る。
まどマギとかも語りたいこといっぱいあるのですが、
あれは今、下手な考察をするよりも、
ひと通りの結末を迎えてからゆっくり考えるほうがいいなと思ったので保留。

というわけでElona。

あと名前の巻物が3枚揃えば、生きた武器の教育も始められるのですが、
有効な武器が生きた鎌ぐらいしかない。
・・・生きた光子銃が欲しい。

今は「すくつ」に行くためにメダルを貯めている最中なのですが、
50枚貯めた段階でヘルメスと交換したくなる罠。

仮に行けたとしても、浅い層しか行けませんね。

Lv125の冥界の使い程度にペットがボッコにされるような程度なんですから。
いや、仲間連れすぎなだけというのもありますがね?
(オパ子、追放者、黒天使、死神の使い、防衛者、銀狼、魔法使いの冒険者)
このパーティ結構バランスいいんですよ?
高レベルと相対するには致命的なまでに速度が足りませんが。

なお、敵の冥界の使いは、
ネフィア周りをしている中、たまたま拾っていた酒を、
たまたま拾った呪縛の巻物で呪い、それを投げたところあっさり撃退できました。
これが呪い酒か・・・圧倒的だが・・・
なんか面白みがなかったので、これっきりにしておきます。
というわけでなんとかみんな無事でした。レイハンドを1回使ったけど。

その後別のネフィアで、フローティングアイLv138を倒したというのは内緒。
どう考えても目のほうが弱い。


そういや信仰ブースト装備を付けて信仰の深さをあげて、
信仰ブースト装備を外しても、
信仰の深さが下がらないということを最近知った自分は、
店で弓を買いまくっています。

店主から弓を買って、気持ちいことをしてお金をもらって、捧げる。
速度がどんどん上がる。流石ルル様です。

黒天使に乗馬した時よりも早くなっちまいました。
まぁ、ブーストとルル弓がある分、
爆発的加速による黒天使の加速は素晴らしいですが。

Lvも45になって、レベルに関してはあと5Lvで一段落を迎えます。
無駄なフィート取ってたなぁ・・・

初心者プレイ用のデータのクリスカに望みを託そう。
3人目はゴーレムピアニストか、妖精ピアニストになりそう。

・・・あれ?全部ピアニスト・・・


さてさて今回は終わり。
ここしばらく書きっぱなしだったから、たぶんしばらく書かない。

おまけに動画紹介。


わけがわからないよwww

まぁ超展開的な意味で、まどかと遊戯王は似たもの同士なのかもしれ・・・ねーよ。

» 続きを読む

Elona初心者講座 第5回 -ペットシステム編-

今回は、前回説明しきれなかったペットシステムです。
序盤の辛い時期を乗り越えるには必須と言ってもいいかもしれません。

今回はクリスカちゃんは登場しません。

解説を始める前に。

このゲームにはこうしなければいけないという正解はありません。
当然、自分が紹介するスタイル以外にも、
様々なスタイルがプレイヤーごとにあるので、
自分に合った攻略法を探すのも楽しみの一つです。

それでは追記からどうぞ、どうぞ。

 

もしもElonaに興味が湧いたという方は、
公式サイトでゲームをダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

<Elona公式サイト>
http://homepage3.nifty.com/rfish/index.html

<冒険者の休息所 ~Wiki for Elona~>
http://elona.wikiwiki.jp/

» 続きを読む

I don't have a dream

ども。今日は進路について考えました。
まぁ思ったこと、考えたことは色々あって。
それを文章にしてみました。

長ったらしい上に、話題が暗い、そして読み辛い、
読むのが気怠くなる記事となりますが、ご了解願いたい。
(いつものコトと言われたらいつものコトですが)


突然ですが、自分には夢がないです。
目標がないです、希望がないです、
故に、自分が「何をやりたいのか」がわかりません。

こう言った悩みは、生活に何不自由ない人間が抱えやすいらしいです。
然もありなん。
必死に何かをしようとしている人間は、
こんな事を考える暇などありはしません。

まぁ、端的に言えば、
裕福な環境にいるからこその「甘え」なんですよ。

この不景気に、飯に不自由することもなく、
大きな節制をしなければ暮らしていけないというわけでもない、
そんな「満ち足りた生活」を送っているからこそ、
「必死」になれていない、生きることに「必死」じゃない。

自分も必死に中学受験をやっていたころや、
全日制の学校に行っていた初めの頃は、
こんな事を考える暇なんてなかった。

ただただ毎日を送ることに必死になってた。
あの頃は負けず嫌いで、相手よりも優位に立とうとしていた。
向上心があって、どうにかしようと頑張っていたように思います。
色々なこともしました、具体的には言わないけど。

今思い返してみれば、あの頃は辛かったこともあったように感じますが、
一番充実してたと思います。


いつからか、自分は負けず嫌いじゃなくなった。
負けていても見返してやると思わなくなった。

いつからと変わったと言われたら、
恐らく中2の後半、病気で倒れるようになってからでしょうか。
休みが多くなり、普通に学校に通えなくなって成績も落ち、
次第に、負けた、駄目だった理由に、
「病気がちだったから」「仕方ない」「休んでいたから」
と理由をつけ出した頃です。


まぁ自分を客観視して考えてみたら当然です、
自分自身に理由をつけることを許してあげなかったら、
「頭痛を起こしたのは自分のせいだ」
と自らを追い込み、精神的な疲労を貯めこみ、
いずれどこかで破綻するのは目に見えています。

そりゃどこかで理由付けて納得しますよ。
実際そうだったし、周りも納得してました。
ただ自分はそこで、負け犬でいることに慣れてしまったんです。



そしてそれから数年間、学校に休んでは行きを繰り返し、
次第には学校に行ってる期間より休んでいる期間が長くなった。

色々なことがあって、
去年の8月、身体的な問題から、そして精神的な問題から、
全日制の高校から単位制の高校へ移った後、つまり今。

自分は今やっている勉強という行為に、
意味を見いだせていないんです。


そりゃもう「甘え」以外の何物でもないです。
今を必死に生きる方々からすれば、
「何と贅沢な悩みか」とお思いでしょう、当然です。

非道い話ですよ。
自分のように必死に生きようともしていない人間がのうのうと暮らせて、
今を必死に生きる人が辛い生活を強いられる。


巫山戯るなよと。どう考えてもおかしい。
こんな不条理が許されるべくもないでしょう。

「必死に生きなくてもいいことに悩む」などという、
「贅沢すぎる悩み」を抱えている、
自分のような人間こそもっともっと苦しむべきで、
今、苦しんでいる人間こそ救われねばならないと。


今までにそう思ったことも少なくないですし、
今のような生活を変えるきっかけはいくつもありました。
けど変えなかった、何故か。


変えなければいけないと思いつつも、
変えること自体から逃げていた。
否、逃げているんです。


今の生活はふとした時に摩耗する辛さを味わいますが、
「楽」なのは確かなんです。何か娯楽系のものをしていれば楽しいですし。

過ぎていく時間を素通りさせ、
無駄に、無為に、無価値にダラダラ過ごすのは「楽」なんです。


苦痛を避けて生きるなら、本能の赴くがまま、
空腹時に飯を食い、排泄をし、眠くなったら眠る。
それが叶う環境ならば、それをしていくのが一番楽なんですよ。


そんな生き方は、果たして野にいる獣と何が違うのか。
いや、生きるための努力をしている獣のほうが遥かにマシでしょう。
さらには、ただ磨耗しているだけならばまだしも、
貪欲に「娯楽」だけは貪ろうとする分、更にタチが悪い。


そういったことをしているのであろう自分自身が嫌いです、大嫌いです、
そんな自分を「消して」やりたくなる時もあります。
そんな自分を「消す」ことさえ徒労だと思っているから始末に終えない。

人として、生物として最低限のプライドを失った負け犬。
そんな自分が大嫌いです。


そんな自分を変えるためには「目標」が必要なんです。
そしてそれを探すには、経験値が、行動が必要なわけです。

その「目標」は個々によって違うものでしょう。
勉強は、この「目標」に対する解答を与えてくれはしないと理解しています。
与えてくれるなら、とっくに与えられていて、
恐らく「勉強自体」が好きという稀有な人間になっていただけです。

進路をどうするかを考えて、出した結論が、
自分自身の「目標」を探すとは、実にお粗末な結果ですが、
「辛いから何もしない。何もしないから、辛くなる」
という悪循環を断ち切るためには、
どこかの段階で行動し、人間的な経験値を貯め、
必死に、何がなんでもやり遂げたい、
そう思えるようになる必要があるわけですわ。






と、まぁアタリマエのことを鹿爪らしい言葉で書いていますが、
何を今更って感じですよね。




実際ずっと思ってたことですし。
だったらなおのこと悪いじゃねーかとも。


ただ思っている事柄を文章にするのって大事ですね。
ずっと考えていたことのはずなのに、
書くのに随分時間がかかりました。
大分気持ちも整理がつきました。

やっぱ文章っていいね。
読む事や、しゃべることに対しての喜びは随分前から知っていましたが、
こうやって書くことに喜びをここまで感じられるとは、
ここを休載したころには想像もしてなかったでしょう。

休載した頃はあれでしたね、惰性でしたね。
「読んでいる人がいるのだから続けよう」的な。
見ている人を増やそうともしてたかな?
んで、飽きたと。

今はむしろ、見られている、見られていないに関わらず続けられそうです。
「見るな」ではないですが、
こんな自分の思うがままを適当にぶっぱしているだけのものを見てて、

なんだか最近、随分人が多いけども、
楽しいのかな?面白いか?と思いますわ。

正直、他のところ行くほうがいいんじゃね?
大丈夫?こんなのが書いている記事だよ?




まぁ話がそれましたが、
とりあえず、今興味がある事柄を詳しく調べたりしてみようと思います。
今は災害救助系に興味を持っていますから、
親には防衛系ってどうだろうとアドバイスを受けました。
色々と考えていきます。


遅すぎるスタートダッシュ、
いや、スタートラインに立つ作業となりましたが、
まぁ必死、いや決死になれば、人間色々出来るもんです。



そんな当たり前なことすら出来ていない、
自分を自嘲しつつ。

さてさて、ぼちぼちやっていくとしますか。
これが自分のモラトリアムとなればいいのですがね。



随分長ったらしく、暗く、読みづらい文章ですが、
ここまで読んでいただけたならば幸いですわ。


もしもここを読む人間に自分似た境遇の方がいたら、
少しでも参考になれば幸いです。

ムカツいた、カチンときた、何贅沢な悩み抱えてんだ、
などと不愉快になった方がいらっしゃいましたら、
存分に罵ってくださいまし。

» 続きを読む

まどかマギカが放送されないなら・・・

どうやったって、俺たちは放送休止から逃げる事は出来ない。
だったら、現状で満足するしかねえ!


というわけで、最新話はしばらく見れないので、
まどマギについて無駄に色々書こうと思う。

今、改めて見直してるのですが、起承転結が綺麗ですね。
構成や演出の色が色濃く出ていますが、



《魔女編》
というわけで久々に公式ページの魔女辞典を覗いてきました。

するとまどかの魔女化した姿が載ってました。
なんでも、

『Kriemhild Gretchen(クリームヒルト・グレートヒェン)』
救済の魔女。その性質は慈悲。この星の全ての生命を強制的に吸い上げ彼女の作った新しい天国(結界)へと導いていく。この魔女を倒したくば世界中の不幸を取り除く以外に方法は無い。もし世界中から悲しみがなくなれば魔女はここが天国であると錯覚するだろう。


だそうです。

即死系の能力。まさに最強でしたね。
QBが10日とかからずで世界を滅ぼせるといったわけがわかりましたわ。
ところで、この魔女の目的の
「全てを救済する為に全てを滅ぼす」という理由。
ありきたりだけどゾクゾク来た。

あと、別の時間軸のさやか・・・
じゃなかった人魚の魔女の解説も来ました。

別の時間軸での使い魔が、緑こと仁美だったってことは、
その世界でのさやかは更に酷なNTRをされたということか・・・そそるな。

そういやワルプル魔女は書いていませんでした。
それだけ重要な魔女ということでしょうかね。

《さやかと仁美と上条と 編》
そういやそれの関連で今日知ったのですが、
緑は、さやかを後押しするために発破をかけていただけなのでは?
といった考察をしてたのですが、
アニメージュで「上条君は仁美のほうにいった」と明言されてました。
漫画版の描写から「もしや」とは思いましたが、そうでしたか・・・

まどママのフラグに関しては、
「皆がいい事をしても幸せが訪れるとは限らない」ではなく
「ラブレターじゃなくて自分から告白できない奴はダメ」でしたか。

個人的には、発破説のほうが、
誰もが善意で動いたけど、誰一人救われなかったという感じになって、
より一層、欝展開で面白くなると思ったのですがね。


一話のファーストフード店での、
惚気るさやかと仁美の後ろ姿が強調されるシーンは、
この展開知ってるとかなり含みのあるシーンに見えます。

上条くん関係では、
チャンスがあったにも関わらず今の関係に甘んじてたさやかが悪い・・・
とことん救われねーな。それがいい。

上条くんを非難する人が多いですが、
そもそもさやかとは幼馴染だというだけで、
彼氏彼女の関係でなかったことを忘れてる人が多い。

個人的には、さやかのことは幼馴染みとしては好きで、
気を許せる相手だったけど、
そんなさやかが霞むぐらいヴァイオリンに夢中だったのだと予想。
そんな中、もう弾けないとされたヴァイオリンが弾けるようになった、
そりゃ夢中にはなるでしょう。

結局のところ、上条くんが少し周りが見えなくなっていたこと、
さやかに勇気が足りなかったという話だったと。

なんというか美味しい。
やはり感情は、希望が絶望に変わる瞬間が最も光る。

コツコツ這い上がっている人が不幸に合うというシュチュエーションや、
キャラクターが不幸に打ちのめされる姿とかに、
娯楽を感じてしまう人は少なくはないはず。
・・・正直これを感じるたびに自己嫌悪ですが。

さてと、語り足りないなぁ。
掲示板とかだと長文は書かないので、
自分の自由にかける場だと長文を書きたくなる。
2つしかかけてないけど、
本当は個別に杏子とかほむほむとかについても書きたいんですがね・・・




それにしてもまどかマギカは、
ストーリー構成や進行、
キャラの立ち回りやセリフ、特に心情描写。
正直、語彙が少ない自分には「上手い」という言葉しか思いつかない。



王道展開も大好きですし、ご都合主義も大好きですが、
こういった善人悪人弱者強者、皆例外なく死ぬときは死ぬ。
という世界観も好きなんですよねぇ。

そういや虚淵さんが「グロ作品しか書かない」と思っている人は少なくなってますが、
未だに鬱作品しか興味がないと思ってる人がいる。
恐らくは、綺麗な作品も好きだと思いますよ?リョナ系も好きでしょうけど。
多分、愛とか希望とか正義とかが好きなのに、
それがどれだけ得難い物なのか痛感しすぎなだけだと思います。

でなきゃ、あそこまでキャラクター達が、
苦しみ、藻掻き、地を這いつくばりながら、
血反吐を吐きそうになっても、前に進む、
そんな重く暗くいながらも美しい作品は書けないでしょう。


そんな虚淵さんの作品、「鬼哭街」がなんとリメイクするとのこと。
http://www.nitroplus.co.jp/game/kikokugai/
非18禁となって新たに再誕。

発売予定日は2011年の5月11日だそうです。
延期等が怖いですが、もっと待たされても大丈夫ですね。

まどかのクライマックスに、
Fate/Zeroのアニメ化、
そして鬼哭街のリメイクと…

なんていうか俺得。
信者やっててよかった。


随分話が飛びましたが、
まどかマギカのエンディングに関しては、
虚淵御大のバッドエンド症候群の一つの答えが出てくると思っています。
キャラクター一人一人が、良かれと動けば動くほど、
必死になればなるほど不幸せとなっていた、世界でどんな結末を迎えるのか。


きっと、全体を通して見ると悲劇、救われない物語だと言えるけれども、
ほんの少しの希望、例えるならば、
「空爆で焼け野原となった地に小さな芽が息吹いていた」というような、
「寒空の中のマッチの灯火」のようなものが残る、
救われなさは残るけども、確かに未来へは繋がっている、
そんな最高に綺麗なエンディングを用意してくれるんだろうと期待してます。




・・・あ、でもガチで何も救われないような、
「一片の希望もなく、救いに至る道は一片も残されてはない、
 少女たちはただ磨耗し壊れていくだけだった」
・・・的な徹底的に視聴者を打ちのめすBADENDも見てみたいかも。

» 続きを読む

Elona初心者講座 第4回 -最序盤、操作法を覚えよう編-

どうも。では序盤のプレイについてを書こうかな?かな?
今回からの内容は大きく意見の分かれるところだから、
参考程度でいいと思うよ!うよ!

あ、今回から、自分も新キャラを使って説明するよ!
リッチピアニストの、
血まみれの冒険者「クリスカ」ちゃんです。

201103240423.jpg
15分も経っていますが、ゲーム開始時のデータですよ~。
まぁこのキャラを使いつつ説明していきます。
もっといい名前があったらなにか考えてください。

キャラの見た目も結構凝ってみたのですがどうでしょ?
201103240554.jpg
かなり趣味丸出しです。ただね、この子の種族はリッチ。
平たく言えばゾンビです。

おいこら、気分が削がれたとか言わない!
え?むしろイイ?
このヘンタイが!!

というわけで解説始めますね。


はじめに。

本当にごくごく基本的なこと(操作法など)は、
マニュアル(ゲーム内で?キーを押すことで参照できる)か、
Wikiのマニュアルという項目を参照してください。

またこのゲームにはこうしなければいけないという正解はありません。
当然、自分が紹介するスタイル以外にも、
様々なスタイルがプレイヤーごとにあるので、
自分に合った攻略法を探すのも楽しみの一つです。 

まぁ参考程度に見るぐらいだといいか思います。

では追記からどうぞ。




Elonaに興味が湧いたという方は、
公式サイトでゲームをダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

<Elona公式サイト>
http://homepage3.nifty.com/rfish/index.html

<冒険者の休息所 ~Wiki for Elona~>
http://elona.wikiwiki.jp/

» 続きを読む

最近どうも

最近どうも人が多くなったなと思ったら、
Elona関連で人が来ているみたいですね。
確証はないですが。

「elona 開発終了」でググッたところこのブログが一番上とか。
20110323.jpg

マジびっくらこいた。

正直こんなとこを見るよりも、
どこかもっと面白いとこ見たほうがいいと思うよ!
Elona関係だったら、
「やる夫のプレイ動画」とか、某4コマとか。
かたつむり観光客のプレイ動画もでましたし、
他にも詳しくは書きませんが色々とありますよ?

自分は特に面白いことを書いていく気なんて一欠片もないですし、
「一応程度」の視聴者配慮しかしませんよ。
自己満足なわけですよ。

そんなブログで大丈夫か?
大丈夫じゃない、問題だ。



まぁそれでもいい人と思う人が常連になってくれているんでしょうけど、
そんな常連さん達に問いたい。「ここはそんなにいいところか?」と。
いや、正直なところ、自分的には面白いところがわからぬ。





さて。そんな事ばかり書くのもアレなので、
まぁいつものようにツラツラ行きます。


さて、西日本在住のみなさんは募金に協力してきました?
とりあえず自分は赤十字社に。

一方、日本ユニセフがこんなことを。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032300967
ぬいぐるみを寄付したそうです。やさしいですね。
で、衣食住の援助はしたのでしょうか。
下着20万枚にぬいぐるみ。ああ大層な活動ですわ。

個人的には、凍死するか餓死するかのタイミングでぬいぐるみかよ・・・
と思いますが、どうでしょ?
確かに、喜ぶ子はいるとは思いますよ?

でも、なんか違わね?

水、食料、燃料etc。
今不足しているのってこういうもんなんじゃ?
確かに被災地の子供達にPTSDが残ったりしてはいけないですし、
心のケアとしてぬいぐるみもいいですけどね・・・

ぬいぐるみを握り喜ぶ子供の写真を撮りたいだけなんでねーの?
と邪推してしまいますわ。


あとは、電凸されたかたがいましたが、
『地震の寄付金の余ったお金は海外に渡す』らしいです。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4182.html

なんか違わね?
「海外への寄付を目的としている」と言っていますが、
それは違うでしょうに。

「海外への寄付」ではなく「困っている人に対する寄付」ではないのですかね?

「お前らは日本人なのだから、直接かかわらない海外は忘れて国内で活動しろ」
とは言いません。海外での活動が不要だとは決して思いませんとも。

ただコレに関してはズレている、と思うのですが。
みなさんはどうでしょう?

まぁこういったマイナスなことを書いた上で、
こういった聞き方は、誘導的ですね。

ネガキャンにならないよう気をつけても、
なかなかうまくいきませんね。



まぁ個人的には、募金なら赤十字社がいいと思います。

結局ネガキャンなんじゃねーかとツッコまれながら、
この記事はこれで終わり。

そういや、
「その点トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん」
もある意味ネガキャンですよね。

» 続きを読む

遊戯王5D's、次回最終回

どもども。今回は遊戯王の感想から。

ネオ童実野シティを救った遊星たち。
前回から少し時間が過ぎ、少し環境が変わりました。

まず治安維持局は解体し、市長制度を導入、
イェーガーがネオドミノシティの初代市長に・・・って、
ああ、あそこ市長いなかったのか。
(今、しちょうせいどを変換したら、「死兆星度」になった・・・OTL)

遊星さんはモーメントの新しいシステム"フォーチュン"を完成させ、
都市機能を正しい方向へ導くことに成功する。

そして5D'sのメンバーそれぞれにも、
新しい未来が花開こうとしていた。
しかし、それぞれのメンバーは迷っていた。

アキさんは卒業後、プロの道を選ぶか、医者を選ぶかで迷い、
双子は父と母と一緒に暮らすために街を離れるか、残るかで迷い、
クロウはプロリーグに行くか、警察をやるかで迷い、
遊星もまた何を目標にするかで迷っていた。

そこに音信不通となっていた元キングことジャックが帰ってくる。
んで、ジャックはプロに入り、
世界のキングになるという未来への指針を決めたことを、
その場の全員に発言。

このチームでやることは全て極めた。
ならば次は、自分自身を極める。
だそうで。

それを聞いた遊星さんはジャックに自らの指針を定めるためにデュエルを挑む。
曰く、「俺達の未来はいつもデュエルで切り開いてきた」からだそうで。

そして、デュエルが始まる。

先行は遊星。
1ターン目は、
レベル4以下のドラゴン族を特殊召喚できるチューナー(恐らく鳥獣族)を召喚。
効果で手札から、
特殊召喚されたときにフィールドのモンスターのレベルを、
2上げるドラゴン族モンスターを特殊召喚、
レベル4+4でスタダをシンクロ召喚。

カードセットでターンエンド。

2ターン目は、
シンクロモンスターが入るとき特殊召喚できるLv1チューナーを特殊召喚。
次にフィールドのモンスター1体のレベル-1のレベルとなるモンスターを召喚。

レベル1+7でレモンをシンクロ召喚。
バトルを仕掛けるも、遊星が罠発動。

シンクロモンスター同士の戦闘時、
お互いのシンクロモンスターを除外し、
3ターン後、それぞれをお互いのフィールドに特殊召喚する。
という感じのカードを発動して、今回は終了。


遊戯王5D'sは少し主題を重くしすぎた、
設定が細かすぎた感がありますね。

ある意味で子供向けじゃなかったと。

ガガガもそうだけど、
遠藤さんがOPを歌う作品ってそう言うの多いのかな。



改めて見ると5D'sは、良い奴ばっかりですね。
敵キャラも、最終的には救われてる人が多いし。
(6t、おじさん等のような外道達は除く)
デュエルするキャラが凄まじく偏ってきたり、
あれだけ悩んでいたサイコパワーが、
「消えてしまった」で片づけられたのとかや、
伏線の回収し忘れとかには少し残念だったけど、
とりあえずみんな幸せになれて満足満足。

一方、再放送のGXはだんだんと重く・・・




OCGの方は、シューティング・クェーサー・ドラゴンの良調整に感激。
コンマイちゃんもやれば出来る子なんだよ!
ただTGの切り札になるのがねぇ・・・

そういや個人的には、
どのデッキにも入る必須カード、
そのデッキには必須とされるカードよりも、
強いけれど入るか入らないか迷うというカードのほうが好きです。

そういった個人的なお気に入りのカードは、
汎用性のあるカードでなら、「王宮のお触れ」とか。
HEROでなら、「平行世界融合」とかですかね。

コンマイにはもっと頑張ってもらいたい。
未だにチューナーがいない岩石族や、
何時まで経っても救われないコアキメイルを強化してほしいな・・・

ただ、それでいきなり猛プッシュしてきたせいでガチになって荒れた、
六武衆、インフェルニティみたいにはしてほしくないですが。

個人的には闇HEROとかも望んでいるけども、
それが強すぎて、
超融合とかそこらを規制されるのはたまったもんじゃない。

HEROの場合は今の中堅ポジを維持しつつも、良いカードを出して欲しいですが、
難しいですね。

どういう感じだったらいいかなぁ・・・

おっと大分話が膨らんだ。今回は終わり。

» 続きを読む

Elona初心者講座 第3回 -キャラクター作成編Ⅲ-

どうも。では前回の続きからです。
今回でキャラメイク編は終了。
次回からいよいよ本編の解説。

はじめに。

本当にごくごく基本的なこと(操作法など)は、
マニュアル(ゲーム内で?キーを押すことで参照できる)か、
Wikiのマニュアルという項目を参照してください。

またこのゲームにはこうしなければいけないという正解はありません。
当然、自分が紹介するスタイル以外にも、
様々なスタイルがプレイヤーごとにあるので、
自分に合った攻略法を探すのも楽しみの一つです。 

まぁ参考程度に見てもらえればいいかな?

では追記からどうぞ。




Elonaに興味が湧いたという方は、
公式サイトでゲームをダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

<Elona公式サイト>
http://homepage3.nifty.com/rfish/index.html

<冒険者の休息所 ~Wiki for Elona~>
http://elona.wikiwiki.jp/

» 続きを読む

Elona初心者講座 第2回 -キャラクター作成編Ⅱ-

どうも。では前回の続きから。
今回は「職業」についてです。
前回の「種族」と違い、
「職業」はある程度取り返しが効きますが、
序盤の方針が決まる重要なものです。

はじめに。

本当にごくごく基本的なこと(操作法など)は、
マニュアル(ゲーム内で?キーを押すことで参照できる)か、
Wikiのマニュアルという項目を参照してください。

またこのゲームにはこうしなければいけないという正解はありません。
当然、自分が紹介するスタイル以外にも、
様々なスタイルがプレイヤーごとにあるので、
自分に合った攻略法を探すのも楽しみの一つです。 

まぁ参考程度に見てもらえればいいかな?

では追記からどうぞ。




Elonaに興味が湧いたという方は、
公式サイトでゲームをダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

<Elona公式サイト>
http://homepage3.nifty.com/rfish/index.html

<冒険者の休息所 ~Wiki for Elona~>
http://elona.wikiwiki.jp/

» 続きを読む

Elona初心者講座 第1回 -キャラクター作成編Ⅰ-

どうも。では予告通り初心者用解説始めて行きたいと思います。

では本格的な解説の前に。

本当にごくごく基本的なこと(操作法など)は、
マニュアル(ゲーム内で?キーを押すことで参照できる)か、
Wikiのマニュアルという項目を参照してください。

またここで紹介する方法、解説はあくまでも自分の考えです。
プレイする中で自分なりの目標、やり方を見つける手助けとなれたら幸いです。

では追記からどうぞ。




Elonaに興味が湧いたという方は、
公式サイトでゲームをダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

<Elona公式サイト>
http://homepage3.nifty.com/rfish/index.html

<冒険者の休息所 ~Wiki for Elona~>
http://elona.wikiwiki.jp/

» 続きを読む

プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。