1. Top
  2. » 2011/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

予想通りの結果

まずはアニメの感想から……と言っても境ホラが今週は休みだったので今回はFate/ZEROだけになりますが。
いいんだ……来週は賢姉様が踊ってくれるんだからいいんだ……。

とりあえず今回はソラウの作画が良くなっていてよかったという点に尽きる。
それにしてもランサー陣営を見ていると修羅場を見ているようで、なんともいえずニヤリとしてしまいますわ。



さて、大阪のダブル選挙ですが……、見事に維新の会の圧勝で終わりましたね。
……まぁ予想通りな結果。てか予想通り過ぎてつまらないくらい。

とりあえず有力な対抗馬もいなかったですし、まぁベターな結果なんじゃないでしょうかねぇ。
ここからどう推し進めるかに期待することにします。
当然自分に都合のいい事、不都合なことのどちらもを行なってくるはずですから、警戒は怠りませんが。

短めだけど今回はここまで。

» 続きを読む

スポンサーサイト

東電だけが笑っている! こんな時代が気にいらねえ!!

カチンと来るってレベルじゃなかったので書いておこうと思う。
NHKの偏向報道もカチンとは来るけどそんなの比じゃねぇ。これはあまりにも酷い。

(痛いニュースより)

東電 「放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1679661.html


前々から分かっていましたが、ここまで屑だともう目も当てられない……と何回言わせるんだこいつら。

自社施設からの産業廃棄物なんだからどう考えても責任はお前らにあるだろう?
つまりは「この放射性物質は、俺らが垂れ流したもんじゃなくて勝手に湧いたもんだ!」って言ってるに等しい。
この理屈が通るなら、水俣病や四日市喘息などの公害は全て責任逃れが可能となる。


極端なことを言えば、
苛立ちのあまりに、自分が投げた石が“運悪く”“たまたま”東電の社員に命中したとしても、
その石は無主物なので自分は責任を問われないってことだよなぁ、おい。

んな馬鹿げた論述があってたまるか。
どう考えても詭弁だ。
どう考えても屁理屈だ。

『ゴミを不法投棄したけど、捨てた段階で俺のものじゃないし責任は俺にはない』
なんて論述が通るべくもなく、また通ってはならない。
仮に百歩……万歩譲っても、『俺はこの放射性物質の所有権を放棄した!』というのが限界だろ。

その場合だって、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条の3、16条に記されている通り、
ごみを含む廃棄物については、所有権放棄の前提として元所有者が適正に廃棄物の処理を行う責務があるんだよ。

――分かるか?

つまりお前らが責任を逃れることは、我が国が正しい法治国家であるかぎりは絶対にありえてはならないんだよ。

あとこんな意見で訴えを退ける裁判官もおかしい。どう考えても東電が悪いじゃねーか。



色々とイラッと来たのでこんな記事になりましたが、今回はここまで。

» 続きを読む

ダブル選挙直前なので。 大阪府知事選編

風邪を引いたっぽい。かなり怠い。
畜生、誰だ「馬鹿は風邪を引かない」なんてデマを流した奴は。
謝罪と賠償を要求するニダ!え?体調管理ができないお前が悪い?
ソレは体調管理をさせないようにした日帝の策謀ニダ!!

さてと、今回も前回に引き続き政治関連。

ダブル選挙、ダブル選挙と言っておきながら、府知事選の方をまとめている人は少ない気がする。
まぁ結局のところは、「橋下派vs反橋下派」の構造ですしね。

今回大阪府知事選挙に出馬するのは、
松井一郎、倉田かおる、マック赤坂、梅田章二、中村勝、高橋正明、岸田修、
と以上の7名。まぁ名前を書いた所で誰が誰だかわからないでしょうし、とりあえず纏めてみましょう。



今回はちょうど手元に選挙公報があるので、それのみを参考とさせて頂きます。
ほぼノーカットかつ余計な詮索をせずに書くので、公報に書いてあることのまるまる写しとなりますが、
そのへんはご了承下さい(具体的な内容でないor選挙公約ではないと思われる場所はカットさせて頂きます)。



松井一郎(大阪維新の会)
『大阪都構想の実現』
 ・大阪都に広域行政を一元化することで二重行政を解消する。
 ・水道、交通、消防などの経営形態を変えることで職員数を三割以上削減する。
 ・産業基盤の整備を行い、景気、雇用を回復させる成長戦略で府民所得を向上させる。
 ・危機管理体制を一元化して防災機能を強化。

『公務員制度の改革』
 ・職員基本条例を制定し、特権的な身分制度を排し、府民感覚を反映する制度を構築する。
 ・教育基本条例を制定し、教育委員会が独占している権限を住民の手に取り戻します。


倉田かおる(元池田市議会議員、前大阪府市長会会長)
 ・大阪府、政令市、市町村がそれぞれの政策課題を共有し、二重行政の解消に務める。
 ・広域課題に対応できるよう「市町村連合」を推進し、大阪府は市町村のバックアップを行う。
 ・教育の政治的中立は保ちながら、大阪全体が目指す教育目標を「大阪府教育振興計画」として作成する。
  →具体的な施策は、府、政令市、市町村それぞれの教育委員会が役割分担をして推進する。
 ・大阪府庁舎を大手前に集約する。
  →これにより府民の負担は300億以上少なくなる目算。


マック赤坂
 ・大減税
  →府民税を半分に削減。
 ・小政府
  →府庁・職員・議員を削減。
 ・スマイル教育
  →挨拶、マナー、英会話
 ・うつ病・自殺対策
  →メンタルをポジティブに
 ・全面禁煙
  →たばこ喫煙税創設


梅田章二(日本共産党推薦)
 ・「財政調達基金」の3分の1(約300億円)を利用して、防災・福祉の緊急制作に努める。
 ・大型開発のムダを削る。
 ・国に大企業減税の是非、補助金・地方交付税の復元を求める。

 ・学校耐震化を早期完了させる。
 ・住宅耐震化予算を20倍化。
 ・「梅田北ヤード」に森林公園を(緊急時の避難場所として)。
 
 ・「原発ゼロ」を発信し、太陽光パネル設置への補助制度を創設させる。
  →住宅は年間1万件、10億円。
 
 ・市町村と協力し、国保料を1世帯1万円以上引き下げる(75億)。
  →介護保険の負担を軽減させる。
 
 ・医療費助成を増やし(23億円)、全市町村で中学校卒業まで広げる。
 ・保育所の新・増設で待機児童の解消を行う。
 
 ・「35人学級」を小学3年生、中学1年生、高校にも広げる。
 ・中学校給食完全実施へ府の補助を3分の2に引き上げる。
 ・学校警備員補助の復活。

 ・自然エネルギー・住宅・福祉・環境の公共事業で雇用と仕事を増やす。
 ・非正規を正規に、中小企業を「主役」にして大阪経済を立て直す。

 ・憲法を府政に貫く。
  →女性副知事の雇用。
  →TPP、消費税の増税に反対する。


中村勝(日本維新会)
 ・こども医療費の無料化
 ・老人医療費の外来初診時無料化
 ・公立の中学・高等学校の一貫教育校を設置
 ・府職員給与・人件費総額の2割削減。
 ・大阪府を4分割し、新たに大阪府広域連合を組織
 ・大阪市・堺市の政令指定都市の分割に反対
 ・国の地方局を廃止し、権限・財源を新たな大阪広域連合に移管
 ・産業界・学会の創意で、企業誘致を推進し、府民に働く場所を確保
 ・地方議員報酬の月給制を廃止し、議会開催日のみの日当制を推進
 ・行政機関への要望・陳情の文書化を義務付け


高橋正明
 ・教育・教員条例を廃止
 ・府職員の給与を元に戻す


岸田修
 ・財政再建を府民と共に行う
  →命に関係ないものは削る
  →指定金融機関制度は検討の必要がある。
 ・今回の選挙費用は供託金(300万円)しか使わない。
 ・犯罪防止と交通事故防止の対策を強化する。



最後の2人がかなり短くなってしまいましたが、
書いてある事以上を書いてしまうと誤解を生む恐れがある故に、書いてあることだけを抜き出した為であって、
実際のところはもうちょっと書いてありますよ。

では順々に意見でも書いていこうと思う。
まぁ前回のようにしていると長くなるので今回は短めで。



まずは、ド本命の松井一郎。
橋下がプーチンならば、こいつはメドベージェフ。
まずは上の内容に関してなのですが、正直なところ“無難”な内容すぎて文句を言おうにも言えない……。
強いていうなら、教育委員会に喧嘩を売っているところぐらいかな?

人となりについては、“橋下の傀儡”という言い方が一番かと。
憶測だけれど、多分この選挙に関して自分の意見なんてないんじゃないかな?まぁそんな感じ。



次、こちらも本命の倉田かおる。
こちらも比較的無難な内容だけれども、こっちは突っ込みどころがある。

政策課題を共有し、二重行政の解消に務めるとありますが、
それが出来ていないから「大阪都構想」なんてものを出されるわけで。
あと、大阪府庁舎を大手前に集約することでどうして府民の負担が300億も減るのか説明していただきたい。

まぁ「1週間で府内の43市町村長の3分の2、28人以上の署名を得ることが知事選立候補の目安」と、
ぬかしておきながら、実際は20人止まりでも出馬するような男ですから信用するもへったくれもないわけですが。



続いて、超大穴のマック赤坂。

いろいろな意味で凄い。いや本当に。

まずは自分が使えるページの半分余りを「スマイルセラピー」とやらの宣伝に使う剛毅っぷり。
残った半分弱に関しても名前と顔写真の欄に3分の2を費やしながらも、
名前の紹介と顔写真以外は何も書かないというその男気には(ある意味で)尊敬の念を隠せません。
(しかもその名前も他の候補と比べて明らかに強調されておらず、小さい)

その大々的に宣伝しているスマイルセラピーの内容も、

『スマイルセラピーとは』
スマイルをメイクすることで外見力をアップし、メンタルをポジティブに。


?健康・美容・メンタル・人間関係の改善
?セラピーコース
 ・スマイル トレーニングコース
 ・接客コース
 ・うつ病対策コース
 ・モテモテ恋愛コース

という謳い文句と共に広告(この広告だけで全体の約3分の1)を占めているものが貼っつけているあるだけという物。

そして残ったスペース(全体の約8分の1程度)に、上で書いたこと(大減税だとか小政府だとか)を書いてあるだけ。
その内容の幼稚さ、薄さ、軽さもさることながら、
「間違いなく顔を作っている」と素人目でも分かるほどにぎこちなく胡散臭い笑顔を浮かべているなど、
『こいつに入れるのは絶対に間違っている』と確信させるという意味ではこれ以上ない出来。

いやはや。
とりあえず問題点ですが、何もかもが問題。とりあえずどうしてお前は出馬したんだ?と問いたい。
てかこいつの出馬に関しても供託金が支払われているわけですよね……。うわ、嫌になるわ。



続いて梅田章二。
日本共産党推薦という重い足枷を背負った状態で出馬するわけですが、
(上の人に比べればマシだけども)その述べている内容はかなり突っ込みどころが多いもの。

原発をゼロにする→自然エネルギーを推進する→関連産業の雇用Up→地域経済が活性化する!

という夢物語プランを述べているわけですが、
(夢物語を語るのは勝手ですし、夢物語を語れなくなった政治家はそれはそれで問題ですが)
こいつのは大前提から間違っている。

だって、そもそも大阪には原発がないんだもの。



ここから裏面、中村勝。
日本維新会というパチもんからの出馬。人となりに関してとりあえず軽く調べてみたところ情報なし。
とりあえず具体的にやろうとしていることは分かるのですが、上で書いたことが文字通り“全部”で、
他に自分がやろうとしていることや、方針を書いているわけでもなく、
どうしてそれらの事をやろうとしているのかがまるで分からない。

例えば、「CO2が増えている→だから木を植えよう!」というところを、
「木を植えよう」という結論から書いているような感じ。


内容が抽象的すぎるのも問題ですが、ここまで抽象的な要素がまるでないのも結構問題。

考えの方針からやろうとしていることの方向性を見出すことができない以上、
この人のやろうとしていることに対しては情報不足過ぎて語ることすらできない。



次、高橋正明。
上のではかなり内容が薄くなってしまったので、書いてあったことを全文抜き出してみます。

◎天のご意志や憲法に背信の教員の教育の自由を奪う教育・教員条例を廃止する。
 私は断じてマッカーシーにはならない。

◎東京一極集中に対抗した大阪を作ろうとしている今、節操のないキソン政党のヒモつき候補者を選んではならない。
 必ず東京の魔の手がのびて、地方分権が実施できないからです。
 一部週刊誌、新聞、テレビの人権を軽んじたり、右に左に偏向させる報道に左右されず一人で戦う私を選んで奇跡をおこして下さい。

◎大阪維新の会府ギ団、自民党府ギ団のNPO大腎協通信今年三月二十五日付でわかるように、都構想で二重行政の解消というすばらしい考えとはうらはらにほぼ無回答、自民党もほぼ同じ。だれのための政治か、まずは障害者や患者、そして老人、雇用されていない若者の人権を守るのが政治である。

◎府職員の給与を元に戻させていただきたく。
 身をきって府民のために働く姿を他市町村の議員、職員は見習ってほしい。
 私の給与は一円で良い。年金と「アムールの鷹」と呼ばれるスターリン軍を震えあがらせ、蒋介石からSPに雇われた父と、長野、和泉の才姫とよばれた母の多くの借金を含む遺産で何とか食べられるから。

◎四十年間ともに学び、スポーツし遊んだ卒業生教職員諸氏、
 学習院桜友会、昭和寮、文化部諸氏、富校春秋会の六人、石川のほとりをそぞろ歩きしてくれた彼女。
 最後に私のような人間に投票していただいた方々に、厚く厚く御礼申しあげまして、お別れしたいと思います。

まぁ全部読んだ方なら分かるかもですが、これはどこの講演会だという感じ。

内容を移していて思ったのですが、なんというか校正したくなる文章だった。
最初の「憲法に背信教員教育自由を奪う~」に始まり、
「です・ます」なのか「だ・ある」なのかが統一されていない語尾、
中でも、一番ひどいのは父親と母親の遺産のくだり。全部必要ない。
せめて「遺産で何とか暮らしていける故」とかに軽く纏めたほうがいいだろ、常識的に考えて。

とりあえず肝心の内容に関しては、講演会レベルの域を出ない。



長かったけどようやく最後。岸田修。
選挙費用は供託金しか使わないとのことで、手書きで書かれていました。
供託金を無駄に得ようとしている奴が今回の選挙にもいた事を踏まえると、そのスタンスには賛辞を送ります。

が、出費を出来うる限り抑えたいというのはわかるけれども、だからって読みにくくしてちゃ本末転倒じゃね?
と思わなくもない。今時ワープロで事足りるわけだし。

上の方に纏めたものでは内容が少なくなってしまいましたが、この人は比較的やりたいことは述べています。
まぁどのようにして行うのかという「具体的手法」に関してはあまり触れられていなかったのが残念。
結局、具体的に何をやろうとしているのかが分からない以上、投票しようにも……。

ただ本当に供託金しか使っていないのであれば、気力の続く限りは出れるはずですし、
そういうことで次回以降に期待。







やっと終わった。てか長すぎるよ……。
流石に全員書くのは無茶だったかな。最後のほうがかなり適当な感じになっちゃったし。

もしも最初から最後まで読んでくださった方がおれば、いろいろな意味で申し訳ない。

» 続きを読む

ダブル選挙直前なので。 大阪市長選挙編

本編の前に軽くP4の感想。

まさか刑死者コミュの発生をあんな形にするとは思わなかった。
あと愛屋の出前が万能過ぎて、ムドオンカレーの件がまるで貸しになってねぇ。

だんだんと呟きレベルの感想になってる気がするが気にはしない。


さてとだ今回は政治関連。
大阪のダブル選挙が明日に迫る中、どうせ投票なんてできないけど、
とりあえず調べてみた。今回は大阪市長選挙編。


【大阪市長選挙】

平松
「おおさか満足度日本一。」をめざしましょう。

・子育てと教育満足度日本一
・安全・安心、仕事・雇用支援満足度日本一
・関西の成長に貢献満足度日本一
・観光・文化・スポーツ満足度日本一
・活力・元気なまち満足度日本一
・みんながつくる自治のまち満足度日本一
・都市間連携満足度日本一



橋下
強い「大阪都」の実現!!住民に近い区役所機能の強化!!

・生徒全員中学学校給食
・中三までの医療費無料
・海外留学奨学金制度創設
・二重行政解消職員削減12000人
・敬老パス維持私鉄にも!
・区長公選地域に予算と権限を
など
これは橋下陣営ヤバいな、日本一目指してる平松さんが当選確実やでぇ……。
などという冗談を抜かすのはまた別の機会にして、やはり知ってはいたとはいえ酷い。

ではそれぞれについて語ろうかな。



まずは平松からですが、これは内容を語る云々以前にに問題あり。
政治家としてこれはちょっと……。あまりにも内容がない。

「なにわルネッサンス2011」という基本方針も見てきたけれども、
あの程度のパワポなら小学生でも作れる、てか小学校時代に見たものと既視感を覚えた。

内容を語ろうにも内容がない。強いて言うならば、
・公務員の労働を民間に移していく
・人件費の削減
といったところ。
その他色々こいつの話を見ましたが、他には本当になんもない。
結局のところは橋本へのネガキャンとレッテル貼りの一辺倒。

今からでも遅くないから、反橋下派は新たな対立候補を擁立するべきだと思う。こいつでは勝てない。
むしろこれで勝てるんだったら大阪市民ってどれだけ阿呆馬鹿なんだよと言わざるを得ない。




続いて橋下。
上に載せたマニフェストよりも『大阪都構想』のほうがメインとなると思うのでそっちを書くとします。
個人的には、「大阪都構想」も実現の見込みがないという意味では結構酷いものだと思う。

「大阪都構想」の内容云々は個人個人に調べてもらうとして、結局何が言いたいのかといいますと。
・“大阪府”としてやれることが限られているから、大阪市の財源、権限等を譲渡して欲しい。
 そうすれば今まで失敗したことが全てうまく行く。
・大阪府と大阪市の意見がバラバラでは動きたくてもなかなか俊敏には動けない。だから一つに纏めよう。
 そうすれば無駄に時間も人員も消費せずに済む。

この二点なのではないかと個人的には思っています。


この二点にあえて苦言を申し付けましょう。

まずは前者。
確かに権力や財源を一つに集中させれば動きやすくはなります。
権力を一転に集中させ、下に分権することによって運営するという方針に対し理解がないわけではありません。

が、上の判断が絶対とは限らないからゆえの権力の分散であることを忘れてはいけない。
無駄に権力を掌握させてしまうと、反論が出せずに強行採決されかねない。
例えばTPPを野田が決めてしまったこともそう。
無駄ではないかもしれませんが、危険ではあります。


続いて後者。
「大阪府と大阪市が一致しなければ(府市が共同で行うことは)何も決まらない」と仰るが、
地方自治ではたくさんの自治体が共同で様々なことを行うのは本来であれば当然のことです。
すなわち橋下は、“知事としてやれなければいけないことをやるだけの能力がない”と判断されても仕方ないわけです。


まぁそんなとこかな。

まぁ詰まるところ、
平松のやろうとしていることは“現状維持”、
橋下のやろうとしていることは“既存構造の改革”になるわけです。

個人的には、橋下のやろうとしていることに賛成なわけではありませんが、
内容を語れる橋下の方が“まだ”マシ。



では今回はここまで。
次回は府知事選編ということであでゅー。

» 続きを読む

のどが痛い、頭が痛い、目が疲れている

ああ頭痛が痛いもとい頭が痛い。
ここ数日の急な気温及び湿度のアップダウンは本当に鬱陶しい。

さて。アニメの感想でも書けばいいんだろうけど、実はまだ見れていなかったりする。
というわけで書きたい事柄がないばい。

んじゃ書くな?ですよねー。
でもさ、書くことがなくても書きたくなる時ってあるじゃんさ?
え、ない?
いや少しぐらいはさ、ホラ。いきなり走りたくなる的な。
え、やっぱない?
そうか……。

閑話休題。

とりあえず書かねばということで、困ったときのElona近況。
と言っても、そこまで書く内容もなかったり。

ストラディバリウスを手に入れただとか、ゴールデン製の防弾服(火炎耐性[***]のエンチャ付き)を手に入れただとか、
乗馬用の馬に部位(腕と手など)を追加しただとか、今プレイでは初めてルミエストに入ったというぐらい。

ああ、あと店を経営し始めたというのもありました。
ヴェルニースの地下道及び盗賊団アジトに保存しておいたアイテムが限界を迎えたのでね。
ちなみに店番はジューア剣闘士。
今は支配の杖を持っていないので出来ませんが、いずれマスターシーフを支配しようと目論んではいます。

そんなもんかな。そういやore_hackで追加されたドラゴン○ールも順調に集めてます。

次の目標はラーナまで辿り着くこと。
尤も、グリーンドラゴンを屠れる程度には強くなってますし、多分苦労することもないでしょうけど。

後は信仰を変えてみるぐらいかな。そろそろオパ様の信仰特典、重量挙げへのボーナスがなくても大丈夫なはず。
予定ではまずはルル様を信仰し、保管してある弓を大量に捧げてからジュア様→エヘカトルと信仰するつもり。

クミ様は祭壇を得るまで、キウイ様は杖が揃うまで、ポンコツ神は信仰に頼らなくても良くなるまで待つつもり。



どうでもいいけど、まさか妹の館の無限増殖妹で演奏のLv上げがあそこまで効率いいとは思わなかった。



今回はここまで。

» 続きを読む

そっとしておこう……。

まず軽くアニメペルソナの感想。

(いろいろな意味で)凄い回だった。
まずは合体システムをあのように使ってくるとは思わなかったとか、
あとはタフガイとナイスガイの男性毒付着技&女性激昂付着技をあんな形で再現するとは思わなかったとか、
色々ありますがそれ以上に。

これは酷い(良い意味で)。

録画済みだとか、ローションプレイだとか、そっとしておこう、ですよね、カワイイと思う、etc...
てかマヨナカテレビって録画できるの?

ちなみに途中のペルソナ同士の合体ですが、見直したところ魔術師のジャックランタンと女教皇のガンガーでした。
んで、合体結果が月のヤマタノオロチ。これ原作通りに作れるんですよね。ほんと凄い原作再現。

まぁそれだけに完二回がこれで終わりかと思うと少し残念。



では続きまして久々に遊戯記事。それにしても本スレの流れ早すぎ。追いつけねぇよ……。

さてここ数日でオーダーオブカオスや、GS、DT14、デュエリストボックス、ストラクの内容等のフラゲが来てました。
あまりにも流れが早くて追いつくのが精一杯だよ……。

まずはオーダーオブカオスですが、カード名が逸脱なカードが多い気がする。
特に「後に亀と呼ばれる神」とか「サイコロン」はセンスが光ってると思う。


そしてDT14。ヴェルズのイラストアドが半端じゃない。
セイクリッドもセイクリッドでカッコいいはずなのに……。
後地味にラヴァルが全滅してて吹いた。


GS2012。予想通りの開闢。さてこれでやっと手に入りやすく……ならないだろうな。どうせノーレアだろうし。


デュエリストボックス。MXセイバーがランク3ということに全俺が泣いた。


ストラク。SD限定戦の特典のストックケースが地味に欲しい。


今回はここまで。体調悪いわ、明日用事あるわでてんやわんやです。

» 続きを読む

体調悪い

最近体調が悪くて困る。


さて、今回は政治関係の記事。


まずはジャブでちょっと少し遅めになりますがTPP。

TPP拡大へ交渉加速 カナダ・メキシコも参加意向
米豪など先行9カ国、相互開放で大枠合意
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E6E2E2828DE
3E6E3E3E0E2E3E39F9FE2E2E2E2;at=ALL


こいつには二通りの見方ができます。

1つ目が、「カナダ・メキシコが“アメリカと協力する為”に参加した」場合。
これは完璧に詰み。日本は袋叩きにされるだけ。


2つ目が、「カナダ・メキシコが“アメリカを牽制する為”に参加した」場合。

自分はこちらなのでは?と睨んでます。
カナダ・メキシコの輸入品目などの内容何如にもよりますが、
やはり今のタイミングでの参加はメリットが少ないはずですしね。


もう御存知の通り(てか知らない人はいったいTPPの問題点を理解してないわけですし問題外)、
TPPに参加した所でもはやルール作りに関わることはできません。

しかし、もし参加国が増えた場合はどうなるか。それも影響度合いが大きい国がいくつか増えた場合は。
当然「ルール作りに若干の変更」が必要となります。

当然です。“TPPは開かれたもの”である以上、新たに参加した国に配慮を見せなければ、
中国などに突っつかれる要因となりかねません。


さて、これはどちらなのか。まぁ「どちらにも取れるように動いた」というのが正しいのでしょう。
アメリカにいい顔をしつつ、日本にもいい顔を出来る。上手いタイミングだわ、どっかの国とは大違い。




さてさて、メインはこっち。西田劇場。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16177439?via=thumb_watch




前座の蓮舫もなかなかな内容でしたが、それ以上に野田の献金のお話がすごい。


もう既に、「在日韓国人から献金を貰ってました」という話がすでにありますが、それについての追求。


一人は船橋で焼肉店をやってるんだけど、名前が「鎬」という漢字を使う人(菅の献金問題でも同じ名前)。
で、驚くべきことにその船橋の人は「在日本大韓民国民団(民団) の役員」だったことが判明。

そして、野田豚の浪人時代に船橋や津田沼で街頭演説をしていた、その船橋で演説していた場所が、
民団幹部の経営している焼肉店のある船橋駅北口だったいうところまで発覚。


野田は返し手で「外国人だとは知らなかった」と答弁。
流石にここまでネタがあがっていて知らなかったというのは、少し無理はありますがテンプレートだから仕方ない。
動画を見ていただくとわかりますが、野田の声は明らかに震えており動揺を隠しきれてはおりません。


そして、これが(写真ではありますが)遂にばらされました。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3k79ozsd_-8


明らかにアウト。

そして西田さんに「外国人参政権には反対なのか?」を聞かれたら「慎重な立場」と答えました。

そりゃ、明確に「反対の立場」を取れるはずがない。
民団は「今回の選挙では外国人参政権を付与する方を応援する。」としているのですから。


やっぱ西田さんはぱないの!
事前にきっちりと調べておき、そこを詰将棋のように追求するスタンス。
言ってしまえば当たり前ですが、これを守るのは案外難しい。な、マスゴミ。
まぁ残念なことにTVの方が朝鮮系とずぶずぶな現状では、彼が真っ当にニュースに出てくることはないでしょう。
大半の日本人は(忙しいというのも理由)だから気づきはしない。調べようともしない。


そして野田よ。
西田さんの言葉通り、『お前は菅や鳩山よりももっと酷い』

鳩山も黒かった、菅はその黒さを引き継ぎつつそれに増して黒かった。
そして野田はその二人の黒さを継承した上で凌駕するほどに黒い。

» 続きを読む

降霊、交霊、高霊、光霊、光嶺、恒例、高齡……。

今回は日曜日降霊……もとい交霊の……高霊の……。
なんでこんな変換にばかりなるんだッ……!!
しかもその次は光霊ってなんだYO!Spiritualな変換ソフトだなぁ、おい!

まぁそれはさておき、日曜日光嶺の……恒例のアニメの感想。


Fate/ZERO。
今回はアインツベルン城へのキャスター侵攻からケイネスへの起源弾まで。

心理描写を結構削っているためか、切嗣がチキンハートみたいじゃないか!!いや実際チキンだけど。
あと、「今日のおまえは左利きになったつもりでいるがいいさ」という軽口はあんまし削ってほしくなかったかな。
気に入っている掛け合いの一つなので。
あと征服王のパンツはいてないところはカットですかそうですか。

まぁそれら以外は基本文句なしの出来でした。

若干地味な能力の固有時制御もうまく表現できていると思いましたし、
ケイネス先生に固有時制御の説明をさせることで小物臭を脱却!!できてないね。

触手責めもうねうねしてて良い感じ。触手自体の造形自体に関しても概ね良好。
特にあの裏のザラザラ感はイイね!ただもうちょっと表面部分の目玉はギョロギョロさせてもいいかな!!
まぁ今のままでも十分おkですが、紺色主体より深緑を主体に(そして目玉を黄色主体に)すると自分好み。
もし紺色主体なら“触手の先端が割れてその中からさらに小さな触手が伸びている”様な感じだと、
気持ち悪さがましてグッドかも。「許容できない存在である」というのが触手の醍醐味ですからなぁ。

まぁ触手について語りすぎるとアブノーマルな性癖持ちだと疑われてまうのでここまでに……。
あ?十分長い?いやいやいや比較的短め……。

そんなわけで約三分の一を触手が占めましたが、Fate/ZEROの感想はここまで。



続いて境界線上のホライゾン。
今回は臨時生徒総会編。直政とネイトのそれぞれへの相対戦となりました。
……さてさて初見組はまだ付いてこれているかな?

内容の説明をしつつ感想を書こううかと思いましたが、そんな高度なことは自分には出来なんだ……。
内容の説明は本スレにでも聞いてくれ。

とりあえずシロジロと直政との戦闘はありましたが少々地味目に感じました。
まぁ鹿角さんの戦闘があったからでしょうがね。ホントアレはすごかった。

ただ、ベルさんをミトが助けるシーンが少々キマシタワー調になっていたり、
トーリが吹っ飛ばされるときに「お父サーン」と叫んでいたりとなかなかオリジナル要素が今回は光る。
特にホラ子の読んでいた滅多流和歌集MAN-YOU!はやばい。すごいインパクトだった。

同時に少しカットしてほしくなかった部分がカットされていて残念。
どこかしらで入れてくれないかな?まぁ今のような超圧縮でのペースじゃ無理かな?残念。
まぁカットしてほしくなかった部分は今までにもいっぱいありますし、割り切っていこうと思います。

次回はセージュンと馬鹿との相対戦。色々と楽しみ。




さて、こんなところですかね。
今回はここまでとしますか。色々とやることもありますし。

» 続きを読む

きっと今年のサラ川に「TPP」から始まるものがある。間違いない。

 ペルソナ4の感想とか書いている暇じゃねぇ……!
 一応だけ書いておくと、菜々子 → 雪子 → ……。って感じでした。カンジだけに。


 そんなしょうもないネタはどうでもいいんだ。今夏は政治。ついに野田が100年に一度の売国をやらかしました。

「守るところは守る」首相、交渉参加に決意表明
(読売新聞 - 11月11日 21:50)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1809613&media_id=20

 意味わからない。TPPに参加しなければ守る必要とかないジャマイカ。
 そんな中途半端に「反対派にも配慮する姿勢」もどきを見せる必要ない。
 とりあえずもう止めようがないし、不信任案を野党が出す→承認されるの流れを待つしかないかな。
 ほんと2年前に民主に入れた奴ら全員首を吊ればいいと思う。

 今回のTPPをどうして断れなかったかって、鳩山が普天間移設問題を拗らせたせいですし、
そもそもTPP参加の張本人は菅ですし、そして今回の野田ですし……。



 そういや、11月11日の参議院予算委員会は、幸運にも生で見ることができたのですがのが、内容は本当に酷い。
 動画を引っ張ってきますが、ごらんの有様だよ!!!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16139874



 この答弁における問題点を要約すると、
原則10年間で関税を全廃することを知らず、保護できる関税なんてないことを知らなかった。

TPP(条約)が国内法に優越することを知らなかった。

・今、参加表面しても
(アメリカ議会の承認が必要なため)交渉への参加は早くても半年後であり、
(半年後には内容はもう固まってしまっている故)そもそも条件交渉なんて出来やしないことを知らなかった。

ISD条項(投資家保護条項)の内容自体を知らなかった。

・TPPよりASEAN+6のほうが国益があることを知らなかった。

(→この場合試算していないことはありえないので、ほぼイコール隠蔽)

・TPP加入における最大のメリット、「GDPが10年間で2.7兆円増」という政府の試算は、
「農業業関連の現在の関税や規制を守ったまま」という、
TPP参加の大前提とはかけ離れている、意味不明な条件下での試算だったことが判明。

(上でも述べたとおり全ての関税を10年内に撤廃するTPPの本質を知らなかったらしい)


 特に、てか全部馬鹿みたいなことですが、その中でも特にやばいのは「ISD条項」を知らなかったことです。


 ISD条項とは何なのかについては、佐藤ゆかり議員が動画内でも説明しているので、改めて説明はしません。
 そんなISD条項における最大の問題点は2つ。

・裁判結果に不服があっても上訴できない(=一審のみで結論を出す)
・明らかな法解釈の間違えがあっても、当事国の法機関は正すことができない

 さらにそこにTPPにおける問題点としての「TPPが国内法に優越する」という点が響きます。
 つまりは上記の2点のような問題にがあるにも関わらず、「国内法で対応することすらできない」というわけです。


 この期に及んで問題点がわかっていない馬鹿でもわかるように実際の答弁の一部を抜き出しますが、

《野田首相》
ISDS(=ISD条項)は、あまりよく過分に詳しく知らなかった。
条約と国内法との上位関係だったら、条約が上だからこそ、
条約を結ぶために(国内法を)殺したり、壊したりはしない。


《佐藤ゆかり議員》
・貿易協定におけるISD条項について説明、
・国内法がISD条項によって曲げられる可能性について首相に質問


《野田首相》
国内法で対応できるよう交渉をしていく。
(一時中断)
国内法よりも、条約のほうが上位にあり、それに対応しなければいけない。
現実の中で、どう対応するか考える。


《野次》
何を言ってるんだ!
どうやって対応できるんだよ!
条約が上だから対応できないんだよ、国内法では!

 まぁそういうこと。これで問題点がわからないなら首縊ったほうがいい。


 さて、言いたいことはまだま尽きませんが今回はここまでにしておきます。
 今日(てか昨日になるか)は体調崩しましたし、今もそんなに体調は良くないですから。
 ホント色々な意味で頭痛い。

» 続きを読む

本当に久しぶりなElona記事

今日は立冬ですね。
ついこの間まで20度近かったと思ったら、一気に冷えてきました。
夜が涼しいを通り越して肌寒さすら感じ始めた今日この頃。
……ついでに財布の中身も寒いけれどどうにかならないもんかな。


そんなわけで前述の通り立冬なのですが、本当にこのまま寒くなるのか少し猜疑的になっています。
最近は基本の変化が激しいですから。
起立性調節障害を患う(厳密には「病気」じゃなくて「症状」だから患うは間違いかもですが)自分としましては、
一気に気温が変化すると体調崩すからやめて欲しいと思ったりしてます。
まぁいくら言っても不毛なので止めておきますが。


さぁさぁ政治に対する愚痴とかは色々とありますが、あまり愚痴を吐き続けても気が滅入るので、
冒頭で書いた立冬に関するネタ……とはまるで関係がない久々にElonaの記事としようかな。




さてさて、PCが逝ったことでElonaのデータも飛んだわけですが、
どうせだからとElonaの有志改造版(種類はore_hack)に移行した上で最初からプレイすることに。

そうしてから今日で、あれ?……何日目だ?まぁいいか。
今日までの概略。
ロミ公に起こされスタート。
チュートリアルを受け、鑑定の巻物と*解呪*の巻物、ロックピックを入手。それ以外はわりとどうでもいい。
チュートリアル終了後、家から追い出す……なんて勿体無い真似はせず、そのまま家にいて頂くことに。
とりあえず近場の街ヴェルニースは完全に無視して隣町のパルミアへ。まずはオパ様を信仰しに行く。
その後はパルミア⇔ヨウィン⇔ダルフィ⇔ポート・カプールの間に移動したりしながらプラチナ集め。
重量挙げを中心に鍛えあげる。

しばらくすると、ある程度筋力をつき、超過状態で核を運べるように。

その後我が家に帰り、ロミ公と哀れにもロミ公と一緒にいてしまったラーなんとかさんを核で爆○し、
★異形の森の弓と★エーテルダガーを手に入れ、ヨウィンで買た乗馬用の馬に★異形の森の弓を装備させる。
それとほぼ同時期に黄金の騎士を入手。ただ、魅力の数値的に依頼がこなせなくなりそうだったので、
ore_hackの新機能、宿屋に預けるを行い待機してもらうこととして、しばらく冒険を進める。

……そしてしばらくして。
信仰ブースト装備で宝石をゲット。が、まだ魅力に一抹の不安を感じたため、引き出しはせず。
そして、大地の大槌を手に入れた辺りで引き出すのを思い出す。馬はもうすでに<魂の友>にまでなっていた。
そんなこんなで今はLv21にまで上がりました。


さて、前回は脳筋銃士だったので、今回は魔法使いスタイルにしようと、
本を買い、読書をし、暗記し、とやっていたら……どこから、そして何を間違ったのか、
頭にパンツを被り、腰にパンツをはき、手にパンツを持ちそれを投げて攻撃する変態が出来上がりました。

……どうしてこうなった。
まぁ実際はパンツをかぶるのは読書前だけなので、パンツは履き、投げているだけですが。
十分過ぎるほどに変態だよ!(「パンツを履き」と書くと、装備していないほうが変態に感じるから困る)


ちなみにそれぞれ装備しているのは、
ore_hackの追加機能である、「★エリステアのパンティー」「★乞食のパンティー」、
そして既存の投擲系武器最有力候補「★シーナのパンティー」です。

まぁこの中でも「★シーナのパンティー」は最近手に入れたもので、
以前までは依頼でもらった「布のパンティー」を劣悪素材で変化させた「鱗のパンティー」を使用していました。
……仕方ないだろ、パンツは優秀な武器なんだよ……。



さてさて前回には割と結構早い段階で、優秀な耐性を持った装備を手に入れることができていたためか、
今回のプレイではちょっと耐性的に不安があったり。

パンツばっか装備しているから耐性が揃わないんだって?ごもっとも。

そういうわけなので今の流れだと、★乞食のパンティーをパージして別の腰当をつけることになりそう。
……頭にパンツを被って、パンツを投げまくる上にノーパンにだとか変態路線一直線だな!

ペットに関しては前回よりも早い段階で耐性が揃ってたり。
今回はあまりペットを連れていないからというのもありますが。
(馬は火炎、オパ子は火炎、氷の両方に完璧な耐性)


ペットを連れている数が少ないからか、読書によってレベルが速攻で上がったからか、
レベルの割には前回より戦闘能力が低いように感じる。
攻撃力に関しては、もうパーティ参加の貴族や大佐ををぬっころせることを考えると十分なはずなので、
やっぱ防御面が薄いんだろうと思う。素材変化の巻物はまだあまり無いので、もうちょっと頑張ってみるかな。



よし、今回はここまで。やっぱElonaは長々書ける。
画像をキャプチャしているとさらに長く書けるのがまたなおよし。

» 続きを読む

アニメ感想

今回はアニメの感想。

Fate/ZERO。今回は2巻(自分は同人出版の方を持っているため文庫版は持っていません)のはじめの内容。
戦闘はちょっとお休み。
まぁ派手めな戦闘シーンに比べ地味なのは否めないですが、やはり面白い。

ただ、人体オルガンのシーンの大幅カットはすこし残念。

Q.
人体オルガンってなんぞ?

A.
魔術で生かされてる子供の腸に釘を打ち込み、
『「ここを叩けば「ド」の悲鳴、そこを叩けば「レ」の悲鳴」などのようにして楽器をつくろう!』
という雨生の試み。
ちなみに悲鳴が一律なわけないんで結局は企画倒れとなる。
まぁ……仕方ないですね。
でもうりゅーの異常性とかが感じ取れるシーンでもあったのであんまし回避してほしくはなかったかな。
……まぁあんなの地上波で流せないだろうけど。BDなら解禁されるのかな?

ただ、高水準ではあるけれども今回は少し作画の方に不満点がありました。
今までがかなり高かった反動か、やっぱ違和感は拭えない。
まぁ作画厨ではないのでそこまで騒ぐ気はありませんが、少し残念ではありました。
特に一番酷いと思ったのはソラウ。いや何ていうか違和感が……。具体的に言えば、顔が小さい。


あと、どうでもいいけれど。切嗣の催眠暗示はもう少し画面を歪ませるとかあったほうがわかりやすかったかも。



境界線上のホライゾン。
もし用語等がわからない人は、公式サイトやアニメ版Wikiを見るといった対処を行うか、
またはアニメ本スレなどに質問へ行くとよろしいかと――以上。
ええ、ピラニアが餌に食いつくかのような迅速かつ最適な回答を寄越して頂けるでしょう――以上。
ぶっちゃけて言いますと原作を買うほうが早いわけですが――以上。


というわけで感想。今回は約130ページほどの内容。
銀さんさんにガル茂さんとのアモーレ溢れる会話からスタート。
話の大筋以外は極力カットしているなどというのは今更ですが、立花夫婦の会話も大幅カット。

この夫婦大好きだからカットやだなぁ……と思っていたということもありますが、
色々と今後どうなるのかの説明をしていたシーンでもあったのでそっちの意味でも少し残念。

その後は概ね原作通り。いやカットはありましたが。特にバレンタインの歴史再現。
バレンタインをあの流れに持ち込むことは難しいけどね……。
数ある歴史再現でもかなりのインパクトがあったものであったら嬉しかったなー程度。

それにしても意外だったのは、アサマチの字が意外と丸っこいこと。もっと達筆だと勝手に思ってた。



今回はここまで。全然どうでもいいことですがまたElonaをやり始めました。
どうせ「はじめからはじめる」状態なのでヴァリアント版を試してます。ちなみに種類は「ore_hack」です。
まぁこれに関しては又の機会に書くとしますわ。

じゃあ終わり。

» 続きを読む

解釈って怖い

前回から引き続き政治への愚痴。


増税に関して、民主党は公約でこう述べていました。
「4年間消費税増税の議論すらしない」「行う場合は信を問う選挙を行う」

それらを守りつつも増税を遂行するために、まさかこのような解釈で来るとは思わなかった。
(正直屁理屈の付け方の勉強になるわ)

野田首相、消費税増税法案成立前の衆院解散否定 信問うのは成立後
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111104/plc11110409360002-n1.htm



上のニュース記事のタイトルで何を言いたいかはわかるとは思います。
「4年間消費税増税の議論すらしない」を守るために議論自体をせずに先に決める
「行う場合は信を問う選挙を行う」を守るために成立後に信を問う

本当にその発想はなかった。むしろその発想はあってはならなかったというべきでしょう。

通常ならば成立前に信を問う意味で解散するのが筋(と言うか常識)です。

今回のような「成立後に信を問う」というのは、
例るならば、「婚姻届が受理されたらプロポーズする」というようなものか、
「お付き合いを前提にした結婚をする」というようなものか……?ごめんいい例えが思いつかない。
とりあえず要するに「順序が逆」ということさえ伝わっていれば幸い。

まぁやり方があまりにも卑怯で姑息です。


先の「国内ではまだ結論でてないのに、なぜか先に海外で増税をぶちあげた件」についてもそうですが、
こいつは国民をおちょくりすぎ。

一体誰に増税の告知してるんだ?いったい野田はどこの国の総理だ?
終いには文句は終わったあとに受け付けるという姿勢。


それにしても、
「国民の意見が聞こえない」鳩山、「国民の意見を聞く気がない」菅、
そして「国民の意見はおろかもはや党内の意見すら聞く気がない」野田。
と、この三人が並ぶと鳩がマシに見えるから困る。



そういや小沢が昔に「鳩山くんは民主党で最高の人材だ」って言ってたな……。まさか本当だとは……。

» 続きを読む

プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。