1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » ぞねさん「今こそお前は本物のキング・オブ・デュエリスト…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ぞねさん「今こそお前は本物のキング・オブ・デュエリスト…」

遊戯王5D'sの感想等の前に。

ZONEの生きた世界の遊星さんの伝説について。
ZONEが遊星の人格を写す時に出た、
ZONEの時間軸の遊星関連のデータの画像。
aaaaa.jpg

文字が見えにくいので並べます。

<Yusei Fudo 不動遊星>
デュエリスト/D・ホイーラー/シグナー(後述)。
ネオ童美野シティ・サテライト地区出身。
シグナーとしてダークシグナーと戦い、地縛神を再封印した。
シンクロ召喚の進化を提唱し、アクセルシンクロ、
その上位のデルタアクセルシンクロを開拓した。

<主な決闘戦績>
■第一回フォーチュンカップ優勝
■レジェンド・オブ・デュエリストキングダム優勝
■ライディング・イン・ザ・バトルシティ優勝
■アメリカ横断ゴールデン・タッグ・トーナメント優勝
 (ジャック・アトラスとのペア)
■ペガサス・J・クロフォード杯トリニダート・ライディング・デュエル・グランプリ優勝
 (炎城ムクロ、十六夜アキとのチーム)

<デッキ構築>
シンクロモンスター召喚を主体としたデッキ構成。
平行して、サテライト時代から愛用しているジャンク系カードを投入している。
どんなデッキコンセプトにも対応の効くデュエルスタイルが特徴。

<主な使用カード>
■コズミック・ブレイザー・ドラゴン(デルタアクセルシンクロ)
■シューティング・スター・ドラゴン(アクセルシンクロ)
■スター・ダスト・ドラゴン(シンクロ)
■ジャンク・ウォーリアー(シンクロ)
■ニトロ・ウォーリアー(シンクロ)
■ジャンク・シンクロン(チューナー)
■クイック・シンクロン(チューナー)
■フォーミュラ・シンクロン(シンクロ/チューナー)
■スピード・ウォーリアー
■ロードランナー
■ボルト・ヘッジホッグ
■チューニング・サポーター
■くず鉄のかかし(罠)
■エンジェル・リフト(罠)
■緊急同調(罠)

<シグナー>
冥府の闇の勢力から地球を守護する能力者。
アストラル体「赤き龍」を力の源とし、
物体移動・精神対話・空間跳躍などの特殊能力を発揮する。
シグナーに選ばれた人間は、その証として、右腕に竜の痣が浮き出る。
シグナーの竜と呼ばれる、6体のドラゴン型のアストラル体を使役する。
亜種として、ダークシグナーが存在する。

<不動遊星と共に戦ったシグナーたち>
■ジャック・アトラス
■十六夜アキ
■クロウ・ホーガン
■龍亜
■龍可

<シグナーの竜>
■スターダスト・ドラゴン
■レッド・デーモンズ・ドラゴン
■ブラック・ローズ・ドラゴン
■エンシェント・フェアリー・ドラゴン
■ライフ・ストリーム・ドラゴン
■ブラックフェザー・ドラゴン

<ダークシグナー>
シグナーの亜種。邪神と呼ばれる、人類の生命力を糧にするアストラル体を力の源とする。
生命のある肉体ではダークシグナーにはなれず、一度死なねばならない。
シグナーと同等の力と、右腕にダークシグナーの証の痣を持つ。
地縛神と呼ばれるアストラル体を使役するが、
逆に精神に寄生されてしまうこともたびたびあったらしい。
シグナーとダークシグナーは、約5000年周期で戦争を行っており、
この戦争においてダークシグナーが勝利した場合、
邪神の持つ力によって地球は滅亡するとされている。
戦闘形式は時代によって大きく異なり、
21世紀においてはカードゲーム「デュエルモンスターズ」を媒体として行われた。

<ナスカに封印された地縛神>
■Uru
■Cocapac Apu
■Cusillu
■Aslla piscu
■Ccarayhua



なんか色々と考察に必要な情報がまとめられてる気がしますが、
この記事はそれを書くには狭すぎる・・・

ということで今日の回の感想。




遊星「勇気と力をドッキング!」
はなかったですが、
遊星「勇気と力はレボリューション!」
はありましたね、思わず吹いたww

今回みんな予想していた、デルタアクセルではなく、
『リミット・オーバー・アクセルシンクロ』というまさかの展開。
オゾンより上に行ったけど問題はなかった。

それにしても、クリアマインド-明鏡止水-で金色になるってどこのGガン?
絶対にGガンと組み合わせる奴が出てくる。
てか本当に誰も作らないなら自分が作る。
(まぁ間違いなくできるからしばらく待ちますが)



どこぞの魔法少女アニメとは違い希望に満ち溢れたアニメだなぁ。


今回紹介する曲は、JAM Projectの「限界バトル」です。


スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。