1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » レベル7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

レベル7

福島原発事故「レベル7」に、チェルノブイリと同規模 Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20565520110412


わかってたことさ、今更驚きもない。はなっから海外は日本は事態を過小評価し過ぎだと言ってましたしね。
この件で、政府が事故を過小評価していたことが明らかとなりましたね。
まぁ初動の遅さがそもそもの原因ですがね。遅らせた原因たる菅や東電は一体どうするつもりなのやら。
一刻も早く奴らにはやめて欲しいですが、この状況で「どうにも出来ないから俺やめるわ」をされるのも困ります。
やめて欲しいけど、やめたらまずいという感じ。末世だなぁ……。


そういや、勘違いしている人がいますが、枝野も言っているとおり、この件はチェルノブイリ原発事故とは違います。
チェルノブイリ同規模にしても現状は“以下”です。そもそもチェルノブイリとは状況も内容も違う。
チェルノブイリ、チェルノブイリと壊れたスピーカーのように連呼している奴には「とにかくすごい愛の鉄拳ぱんち」。
危機感を持つということは、無闇矢鱈に不安を喚き散らすことに非ず。恥を知れ俗物。



レベル7はあくまでチェルノブイリを基準として作られた最後の単位。
幽白のS級妖怪とかのように、最後の単位なのでその単位の中でもピンきりがあります。
同じレベル7でもチェルノブイリは遥か高みにいます。

実際の状況を詳しく説明すると長いはずですし、自分は専門職ではないのでわからないですが、
自分のような一般人でもわかる点だけでも福島は、
・「主な核反応」が止まっている点
・格納容器がある点が
・全体の核燃料は数倍
・政府等の対応が違う(旧ソは日本以上に隠匿されていた)
・問題が起きている炉の数が多い
・炉の設計が違う(チェルノブイリの炉は元々危険が指摘されていた設計)
といったことなどが違うことがいえます。

格納容器にも一部損傷が見られますし、核分裂を再開してしまう可能性もありますし、核燃料の純度と量を考えると、
同じ事態、さらに悪い事態が起きる可能性もありますが、当面はチェルノブイリよりは酷くはならないでしょう。

尤も、チェルノブイリを除くと最も酷いというのは事実ですがね。


まぁさらにわからない人用に例えるならば、チェルノブイリと福島は、

レベル7=人を殺すレベル
チェルノブイリ=人を大砲とかでふっ飛ばした
福島第一原発 = 人を銃とかで撃ち殺した

というぐらい違います。
人を殺すというのでもレベルにピンきりがあるだろう?
結局殺してんだから悪いじゃねーか、というのが正しい反応。どっちが酷いなんて比べるだけ不毛だろう?
つまりはどっちも酷い←結論。


……今は落ち着けと言うつもりでも煽りになる、ほんとに末世だ。
いずれ「落ち着け」というと安全厨認定される時代が来るのか?

まさに――人類に逃げ場なし。嗚呼、涙で明日が見えない……。
だれかこの混沌とした時代を“破界”してくれないものか……。


一方、迫るスパロボZ破界編の発売日。
ところでいつになったら映画版ナデシコは声付きで参戦できるのか……。
ラピスの声優は変えていいから!ファンは文句言わない!!
ブラックサレナがいろいろな作品と活躍するのを見たいんだYO!!!

今回紹介する曲は、平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」です。

何で自分の某音楽再生機に入っていたのか。どこで知ったかも思い出せない。


スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。