1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 天かすを冷たい汁につけて食うなどという行為が人類に許されている筈もない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

天かすを冷たい汁につけて食うなどという行為が人類に許されている筈もない。

相変わらずの文句記事。結局これが一番書くネタに困らないという。

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定―与謝野経財相
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011052000323


 与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。
 今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。(2011/05/20-11:12)



聞き捨てなりませんね。
確かに「大津波」と「大地震」はは天災、神様の仕業と言っても差し支えはないでしょうけどね……。
「その後の対応」と「原発事故」はどう甘めに捉えても人災、否、大人災でしょう。

神様の仕業としか説明できない?神様が原発を作ったわけでもあるまいし、
そんなに仕方なかったことにしたいのか?そんなに東電に責任を押し付けたくないのか?

ベクトルは逆でももうこれ天罰言ってるのと同じレベル。
そもそも今時小学生でも「宿題を忘れました。でもこれは紅蓮の悪魔神様の仕業でございます」なんて言い訳しないぜ?

人間としては最高の知恵を働かせたと思っている?
結局東電が行った対応は「自分たちの失敗の報告をずっと後延ばしにする」ということだけじゃないか。
メルトダウンだって最初の頃にわかってたからアメリカの介入拒んだんだろ?
「人間として最高の知恵」じゃなくて「人間として最低の悪知恵」でしょうが。

天罰発言もそうですけども、少なくとも政治家が公共の場で発言していいことじゃない。
そんなに政府のせいにも東電のせいにもしたくないんだったら、もういっそ辞めてから言えばいい。
辞めたくない?だったら一生抱えてろ。まぁ責任も取らずに辞めるなんて「そんなの、あたしが許さない」けどな。


そして一方東京電力は。

東電新社長に西沢常務=原発事故で純損失1.2兆円、最悪決算
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011052000612


 東京電力は20日、福島第1原発事故に伴って清水正孝社長が6月28日付で引責辞任し、後任に西沢俊夫常務を起用すると発表した。勝俣恒久会長は留任し、引き続き事態収束に当たる。同時発表の2011年3月期(前期)決算では、1~4号機の廃炉費用など1兆775億円を特別損失に計上し、連結純損失は過去最悪の1兆2473億円に上った。株式配当も約30年ぶりに見送った。
 赤字幅は金融機関を除く日本企業では史上最大。さらに、事故収束の見通しは立っておらず、12年3月期の業績予想は「未定」とした。福利厚生施設全廃などの追加合理化策も公表したが、厳しい経営環境は続きそうだ。
 記者会見した清水社長は「原子力の信頼を損ない、社会の皆さまに迷惑と不安を与えた経営責任を取る」と述べ、改めて陳謝した。清水社長のほか、原子力・立地本部長の武藤栄、藤原万喜夫両副社長ら取締役3人も退任する。今回の人事は政府には相談せず、20日午前に報告したという。
 西沢常務は会見で「難局に立ち向かうことが天命と思い(要請を)引き受けた」と述べた。現地に事故対応のための「安定化センター」を新設し、小森明生常務が所長として常駐する。
 東電は同日の取締役会で、福島第1原発1~4号機の廃炉と同7、8号機の増説計画の中止を決定。これに伴うコストとして、それぞれ2070億円、393億円を前期決算で処理。原子炉冷却や放射性物質の飛散防止などの安全確保対策の4262億円、同5、6号機と福島第2原発の冷温停止維持の2118億円も特別損失に計上した。
 原発停止による燃料コスト増は合理化の徹底で対応し、清水社長は「電気料金(の値上げ)は現時点では言及する段階ではない」と述べた。(2011/05/20-19:29)



今、辞められることに責任も何も無いと思います。
「今後の電気料金?賠償問題?東電管内の今後の発電方法?まぁ辞任するから後よろしく頼むね」って感じがする。
ケジメってのは「首を差し出して終わり」じゃないでしょう?
生き恥を晒して、評価されず、世間から叩かれながらも、やるべき事をやる事が責任なのでは?

今、引責辞任をしたところで、プレッシャーと責任から逃げ出しただけだけじゃない!と言われても仕方ない。
いやむしろ「給料下がるの決まったから退職金貰えるうちに辞める」とも取れる。
辞めるんだったらもっと早く辞めるべきだった。

社長「責任は後続に押し付けられて、退職金もらえて美味しいですww」ってことですか、わかりたくもありません。



そういえば、『「辞める」というと「逃げた」といい、責任を持って償うといえば「なぜ辞めない」という』と、
的外れなことを書いている人がいますが、全然考えが足りてない。鳩山の時だったかな?似たのが湧いてた気がします。

まず、多くの場合は辞めることを批判する人と辞めないことを批判する人は別の人です。

そして同一人物の場合は、「逃げた」、「何故辞めない」と言うタイミング、状況が違うんですよ。

早い段階であればもう即座に引責辞任してもらって結構なんですよ、邪魔ですしね。
ですが、ある程度行動を開始したときに、辞めるというのは無責任。仮にもトップなんですから。

例えるなら。
・問題が起こりました→責任とって辞めるわ
・問題起こりました→問題解決に動きました→やっぱ無理だったから辞めるわ
これを同列に並べるなと、それだけのことなんですよ。

つまり、もう既に辞めるべきポイントは過ぎ、辞めてはいけないポイントにいるにもかかわらず、
辞めるというから文句を言ってるというわけです。

……あ、ただし中にはただ煽りたいだけな真性のクズもいるのでご注意を。


さてさて、文句はこんなとこ。
まぁいくら文句を言ったところで、何かが変わるわけでもなし、何かがうまくいくわけでもなし。
結局のところ、居酒屋とかそこらで愚痴るのと同じレベルってことさね。
ではでは、また無駄に書き連ねたまま終わるとします。
今回紹介する曲は、Hitomiさんの「PLANETES」です。

プラネテスの最終回ED曲です。かなりの名作でしたねぇ。


スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。