1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » カードゲーム
  4. » PHOTON SHOCKWAVEの個人的な感想 ぱーととぅりぃー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

PHOTON SHOCKWAVEの個人的な感想 ぱーととぅりぃー

前回から引き続いて、PHOTON SHOCKWAVEの個人的な感想を書いていきます。
今回は魔法カード編(45~62)です。

そろそろ疲れてきた。

では追記から。

PHSW-JP045 《攻通規制》
永続魔法
相手フィールド上にモンスターが3体以上存在する場合、
相手は攻撃宣言をすることができない。


戦闘対策としてはちょっと弱い気がします。
使うんだったらくず鉄のかかしとかと組み合わせるとかしないと……。


PHSW-JP046 《虚栄巨影》
速攻魔法
モンスターの攻撃宣言時、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターの攻撃力は、
そのバトルフェイズ終了時まで1000ポイントアップする。


発動タイミングの固定が痛い。正直突進で十分。
アニメにあった、効果を受けたモンスターと戦闘する相手モンスターの攻撃力の変化を無効にする効果も欲しかった。


PHSW-JP047 《モンスター・スロット》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
選択したモンスターと同じレベルの自分の墓地に存在する
モンスター1体を選択してゲームから除外する。
その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、
選択したモンスターと同じレベルのモンスターだった場合、
そのモンスターを特殊召喚する。


悪く無いですね。デッキ圧縮にもなりますし、運がよければ2体展開も出来ますし。
デッキトップ操作系との組み合わせが光りそう。
デメリットも見せるだけと比較的軽く、なかなかの良カード。


PHSW-JP048 《クロス・アタック》
通常魔法
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する、
同じ攻撃力を持つモンスター2体を選択して発動する。
このターン、選択したモンスター1体は相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
もう1体のモンスターは攻撃する事ができない。


同じ攻撃力というのが少し難しそう。武闘円舞とはコンボに出来るみたいですが。
コアキメイルにおいては、ウルナイト→ベルグザークですぐに発動条件を満たせますが、だからどうしたというレベル。
直接攻撃なら素直にシールを使ったほうが無難っぽい。


PHSW-JP049 《エクシーズ・ギフト》
通常魔法
自分フィールド上にエクシーズモンスターが
表側表示で2体以上存在する場合に発動する事ができる。
自分フィールド上に存在するエクシーズ素材を2つ取り除き、
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


パールさん強化ktkr。問題は、エクシーズモンスターが2体以上必要な点ですかね。
まぁ少し使いづらさが目立つかな。


PHSW-JP050 《フォトン・ベール》
通常魔法
自分の手札から光属性モンスター3体をデッキに戻し、
自分のデッキから光属性・レベル4以下の
モンスターを3体まで手札に加える事ができる。
2体以上手札に加える場合は、全て同名モンスターでなければならない。


発動する際に手札が4枚必要になるというところがかなりキツイと思う……。
おジャマとかでなら採用価値はあるかも。



PHSW-JP051 《フォトン・リード》
速攻魔法
手札からレベル4以下の光属性モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。


普通なら二重召喚や血の代償でおk。特殊召喚をキーとする効果と組み合わせて使い道ができるカードですね。


PHSW-JP052 《フォトン・ブースター》
通常魔法
トークン以外のフィールド上に表側表示で存在する
レベル4以下の光属性モンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスター及びフィールド上に表側表示で存在する
同名のモンスターの攻撃力は、エンドフェイズ時まで2000になる。


おお、これはなかなか。一応相手モンスターにも適応できる……って余り使う機会はないかな。
レベルの制限がなければ話は別だったでしょうけど。
基本は同名モンスターを並べて攻撃力アップ!をすることになるでしょうね。


PHSW-JP053 《進化の宿命》
永続魔法
自分の「エヴォルド」と名のついたモンスターの効果によって、
モンスターの特殊召喚に成功した時、
相手は魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。


奈落等の影響を受けなくなる点は非常に優秀。まだ数が少ないカテゴリなので、今後に期待。


PHSW-JP054 《進化の奇跡》
速攻魔法
「エヴォルド」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚されたモンスター1体を選択して発動する。
このターン、選択したモンスターは戦闘及びカードの効果では破壊されない。


破壊耐性は美味しい。けども進化の宿命と違って腐りやすそうではあります。こちらも今後に期待。


PHSW-JP055 《巻きすぎた発条》
通常魔法
自分の墓地に存在する「ゼンマイ」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
リリースできず、シンクロ素材とする事もできない。


一見ハイハイエクシーズ、エクシーズに見えますが、効果は無効になるが発動は可能なのがポイント。
ゼンマイマジシャンやマニファクチャと組み合わせて使うのが吉ですね。


PHSW-JP056 《エクストラゲート》
速攻魔法
1から12までの任意のレベルを宣言して発動する。
相手はエクストラデッキに存在する
宣言されたレベルを持つモンスター1体をゲームから除外する。
宣言したレベルを持つモンスターが相手のエクストラデッキに無かった場合、
自分の手札を1枚選択して捨てる。


エクシーズモンスター入れるってことですね、わかります。
使うならば仮想敵はシューティング・クェーサー・ドラゴンかな?
シンクロモンスターには強い子がいっぱいいるため、このカードはなかなかに強いとは思います。


PHSW-JP057 《強欲なカケラ》
永続魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローをする度に、
このカードに強欲カウンターを1つ置く。
強欲カウンターが2つ以上乗っているこのカードを墓地へ送る事で、
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


このカードに足りない物、それは!(中略)そして何よりも――速さが足りない!

「ドローカード」としてはという話ですがね。
相手にサイクロン等を1・1交換させるためのカードとして運用すればなかなかな性能だと思われ。
破壊されなかったら2ドローのおまけ付きですもん。


PHSW-JP058 《森のざわめき》
通常魔法
相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して裏側守備表示にする。
その後、フィールド上に存在するフィールド魔法カードを持ち主の手札に戻す事ができる。


地縛神「何‥だと‥?」
Sin「やめてよね……」

まぁ普通に使う分には使いづらいですが、機皇デッキならば採用もありかも。


PHSW-JP059 《トライワイトゾーン》
通常魔法
自分の墓地に存在するレベル2以下の通常モンスター3体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。


おジャマともけもけ辺りで活躍しそうなカードですね。結構面白いカードかも。


PHSW-JP060 《一時休戦》
通常魔法
お互いに自分のデッキからカードを1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。


図書館エクゾがアップをし始めました……。
てかこれかなり優秀じゃね?これ。効果ダメージ含めてあらゆるダメージを無効にできますし。
相手にもドローさせるのが痛いですが、それを苦としないならばかなりいいかも。

「一時休戦はするが死のカウントは数えますねww^^」
ま さ に 外 道


PHSW-JP061 《スペース・サイクロン》
速攻魔法
フィールド上に存在するエクシーズ素材を1つ取り除く。


直接除去したほうが早くね?


PHSW-JP062 《猛毒の風》
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いに風属性モンスターを特殊召喚する事はできない。
また、フィールド上に表側表示で存在する
全ての風属性モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。


いったい風属性が何をした!?

機械族におけるフォートレスのような枷が生まれちまったじゃねーか!しかも「機械族」と違って「風属性」全部に!!
わかっているのか?この1枚で流行ってもいない風属性の将来性が奪われたんですよ!?

いやまぁかのスターダスト・ドラゴンや、ダンディの綿毛やスポーア、クイックロンとかいますがね?
海外では天狗が暴れてますがね?

でも……でも……だからって風属性ピンポイントメタなんて、こんなのあんまりだよ!絶対おかしいよ!!
光属性パックなんだから闇属性メタを出せよ!




イラスト。
201107152115.jpg

……とりあえず効果云々は置いておいて。
ふぅ……コンマイやって……いやヤッてくれたな。イラストに関しては、ブリリアント!GJだ、イラストはな。
まぁ状況的にはカームさんが死にかけててヤバイ状況なんでしょうけども、結構妄想が広がりングなイラストですね。

まずは後ろにある村のような風景、これがガスタの集落なのかとも妄想できます。

また、この病毒がどこから吹き始めたのかというのもなかなかに興味をそそられます。

ガスタが氷結界のように暴走を引き起こしたとも、何かしらの災害が起こってしまったとも、
リチュアがついに海底で深い眠りについている邪神を呼び起こし、その瘴気が漏れ出ることによって(ry
的な妄想も出来ますね。いあいあ、くとぅるふ、ふだぐん。

またこのイラストのカーム。そそられますね。
今までは微リョナはリチュアに任せていたのですが、これはこれでありだな……。

ガスタも使っている身としては、風属性メタは正直かなり痛いのですが、
イラストアドの高さから我慢しますわ。

というよりは、無限回収でもして我慢しないとやってられないというのが本音かな……。
ホントイラストアドが高かったのが唯一の救いですわ。

魔法編終了。続いて次回は罠編。
残りは18枚かな?とりあえず今日中に終わりそう(←フラグ
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。