1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » カードゲーム
  4. » PHOTON SHOCKWAVEの個人的な感想 ぱーとふぉー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

PHOTON SHOCKWAVEの個人的な感想 ぱーとふぉー

前回の続きから。今回は罠編(63~80)ということでラストです。

今回のパックの総評もちらっと書いておきました。
ああ長かった。二度とやらね。

では追記から。

PHSW-JP063 《痛恨の訴え》
通常罠
相手モンスターの直接攻撃によって自分が戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
相手フィールド上に表側表示で存在する守備力が一番高いモンスター1体の
コントロールを次の自分のエンドフェイズ時まで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃宣言をする事もできない。


コントロール奪取としては、受動的な上に相手の場に影響されるため、汎用性はあまり高くないですね。
自分のデッキと上手くハマれば強いんですけども。


PHSW-JP064 《燃える闘志》
発動後このカードは装備カードとなり、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体に装備する。
元々の攻撃力よりも攻撃力が高いモンスターが相手フィールド上に存在する場合、
装備モンスターの攻撃力はダメージステップの間、元々の攻撃力の倍になる。


これはなかなかによさげ。攻撃力上昇が行われているなら攻撃力を2倍に出来るということは……
オーバークロック来日後のコアキメイルの天敵じゃないか……orz


PHSW-JP065 《ダメージ・ダイエット》
通常罠
このターン自分が受ける全てのダメージは半分になる。
また、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
そのターン自分が受ける効果ダメージは半分になる。


やんよ「墓地からトラップ発動だって!?」
銅鑼ガン「墓地から!?」
ヤング「墓地からトラップだと!?」
胸ーちゃん「墓地からトラップなんて……すごい!」
実況「ぼぼぼぼぼ墓地からトラップカードを発動したぞぉー!!!」
青野「すごい!クロウの大逆転だ!」
ショタ「墓地からトラップなんて誰も考えないよ!」
ロリ「ほんと!」


PHSW-JP066 《コピー・ナイト》
永続罠
自分フィールド上にレベル4以下の戦士族モンスターが
召喚に成功した時に発動する事ができる。
このカードは発動後、その召喚されたモンスターと同じレベルの同名モンスターカード
(戦士族・光・攻/守0)となり、モンスターカードゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。


真っ先に思いついたのが地獄の暴走召喚とのコンボだったのですが、裁定待ちなのでそれに関しては保留。
今現在では、戦士族チューナー召喚でシンクロを行うか、エクシーズ召喚を行うのがメインの使い方になりそう。


PHSW-JP067 《聖なる鎧 -ミラーメール-》
通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
攻撃対象モンスターの攻撃力は、
攻撃モンスターの攻撃力と同じになる。


極星宝ブリージンガ・メンのほぼ下位互換ですね、雲魔物ぐらいでしかマトモに活躍できないと思います。


PHSW-JP068 《フィッシュ・レイン》
通常罠
フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・水族モンスターが
ゲームから除外された時に発動する事ができる。
自分の手札からレベル3以下の魚族・海竜族・水族モンスター1体を特殊召喚する。


二重召喚や血の代償で十分……ってこれこのパック関係でなんどか書いてるな。
正直、条件つけた挙句に「二重召喚でおk」なカードを作るのはいい加減にやめて欲しい。


PHSW-JP069 《ヘイト・クレバス》
通常罠
自分フィールド上に存在するモンスター1体が
相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して墓地へ送り、
その元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


破壊を防ぐ代わりにダメージを受ける我が身を盾にとは対照的なカードですね。
攻めのヘイト・クレバス、守りの我が身を盾に。個人的にはこっちのほうが好きですかね。


PHSW-JP070 《光子化》
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手モンスター1体の攻撃を無効にし、
その相手モンスターの攻撃力分だけ、
自分フィールド上に表側表示で存在する光属性モンスター1体の攻撃力を、
次の自分のエンドフェイズ時までアップする。


オネストを調整した感じですかね。相手を返り討ちには出来ないものの弱くはないですね。
まぁオネストで十分と言われればそうなんですけども。


PHSW-JP071 《進化への懸け橋》
通常罠
自分フィールド上に存在するモンスターが
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
自分の墓地に存在する「エヴォルド」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚し、
そのモンスターに攻撃対象を移し替えてダメージ計算を行う。


ステータスなエヴォルドを蘇生してもすぐに戦闘破壊のがオチでしょうし、
今のところは戦闘破壊がトリガーのエヴォルド・ゲフィロスを蘇生させるのが一番いいですかね。


PHSW-JP072 《発条の巻き戻し》
通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル4以下の「ゼンマイ」と名のついたモンスター1体を選択して手札に戻し、
戻したモンスターと同レベルの「ゼンマイ」と名のついたモンスター1体を手札から特殊召喚する。

ゼンマイ版のキャトルミューティレーションですね。
戻したカードを特殊召喚することも出来ますし、ゼンマイの効果の再利用に使えていい効果。


PHSW-JP073 《エレキャンセル》
カウンター罠
手札から「エレキ」と名のついたモンスター1体を捨てて発動する。
相手モンスターの召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。


エレキングコブラで手札に加えたカードを捨てて発動というのが良い使い道でしょうか?エレキはワカンネ。

あと余談でカード性能とは関係ないんですけども、wiki先生に指摘されるまで気がつかなかったのですが、
『イラストでは《おジャマ・イエロー》が電気を浴びせられており、骨が透けて見えている。
《おジャマ・イエロー》の眼はカタツムリのように触角の先に付いているのに、
 人間の頭蓋骨のように眼球の位置に丸い穴が空いている。これは何なのだろうか?』
201107152244.jpg

た……確かに!?
もしかして元々は人で、それが改造された結果こうなってしまったのでは……?
と妄想してみた。


PHSW-JP074 《王者の看破》
カウンター罠
自分フィールド上にレベル7以上の通常モンスターが
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚の
どれか1つを無効にし破壊する。


青眼の白龍、ブラック・マジシャン、E・HERO ネオス、真紅眼の黒竜といった、
メインキャラクターの使った通常モンスターが活躍できろうなカードですね。個人的にかなりの良カード。

ジェムナイト・クリスタ「俺もいるぞ!」




PHSW-JP075 《闇の閃光》
通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力1500以上の
闇属性モンスター1体をリリースして発動する。
このターンに特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。


自分のモンスターも巻き込む可能性はあるとは言ってもかなり強いですね。「このターン」内で本当によかった。

それにしても……闇の閃光なんて厨二臭がするカード名……輝くトラペゾヘドロンと言って分かる人がここにいるかどうか。

あとイラストですけど闇変態ダグレが殺意の波動闇の波動を放って……暗黒面のForceを開放してますね。
イラストがダグレというだけでネタイラストに感じてしまうのをどうにかしたいなぁ。どうにも出来ないか。


PHSW-JP076 《暴君の自暴自棄》
永続罠
自分フィールド上に存在するトークン以外の
通常モンスター2体をリリースして発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いに効果モンスターを召喚・特殊召喚する事ができない。


通常モンスター2体リリースをしなければ発動できないという結構厳しめな条件を持ちます。
が、レスキューラビットなどを絡めることによって比較的簡単に発動はできます。

通常モンスターを必要とすることから、多くのデッキには入りませんが、
一部のデッキではかなり高い性能を発揮する罠です。使われると鬱陶しいでしょうね。


PHSW-JP077 《撤収命令》
通常罠
自分フィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻す。


何かしらの対象となったときに、手札に戻すことで回避できるカードですね。……正直使いづらい。


PHSW-JP078 《深黒の落とし穴》
通常罠
レベル5以上の効果モンスターが特殊召喚に成功した時に発動できる。
そのレベル5以上の効果モンスターをゲームから除外する。


基本的には奈落でおkなのですが、こちらの利点として、
・無制限カードである。
・ユベルなどの攻撃力1500未満のモンスターも落とせる
・スターダスト・ドラゴンのような破壊効果を無効に出来るモンスターも落とせる
などなど。

扱いやすい除去カードは他にもあるため優先度は低いでしょうが、
今後の制限改訂によったらもしかするかもしれません。


PHSW-JP079 《アイスバーン》
永続罠
自分フィールド上に水属性モンスターが表側表示で存在し、
水属性以外のモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、
そのモンスターは守備表示になる。


水属性以外のモンスターにつまずきの効果を適応させる効果を持ってますね。
コダロスビートやリチュアなど水属性主体デッキと好相性。

ホントなんかどこかから吹いてきた猛毒の風のせいで壊滅状態の風属性とはえらい違いだ……。

そういや、そんな猛毒の風はかなりのイラストアドを誇っていましたが、こっちもなかなかのイラストアド。
201107152317.jpg

つまずきで転んだことがある経験が生きてますね。スケートが得意なんて裏設定があったなんてちょーびっくりだよ!
地味にアトランティスが凍っているのも面白い。


PHSW-JP080 《水遁封印式》
永続罠
1ターンに1度、手札の水属性モンスター1体を墓地へ送る事で、
相手の墓地に存在するカード1枚を選択してゲームから除外する。


木遁封印式のようにフィールド上のモンスターを要求しないのは黄泉ガエルがいるからかな?
正直これを使うぐらいなら、素直にD.D.クロウを使ったほうがいいかも。

さてさて書き終えたところで、今回のパックの総評。
前パックがかなりひどい内容だったのに比べ、今回は“面白い”内容。レア枠は残念ですけども。
地味テーマの強化に加えネタ枠も充実してますし、汎用性があるカードもちらほら。

ただその地味テーマを使っていない、ネタ枠に興味がない、という人には微妙なパックかも。
良いパックか悪いパックかは判断が分かれそうです。まぁ少なくとも明らかに前回よりは良パックですね。

個人的には伝道師が出ただけで満足。ついでに猛毒の風も回収しようかなイラストアドががが。










……ところで、いつになったらコアキメイルの新規カードは出るんだい?
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。