1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 人によっては微グロ注意になるかな?まぁ別にどうでもいいけど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

人によっては微グロ注意になるかな?まぁ別にどうでもいいけど。

どうも。さて唐突ですが、皆さんは深海の生物ってどう思います?

え?興味ない?さいですか……。

ま、まぁでも一度ぐらい、「深海 生物」で一度ググッてみてください。
「これ、宇宙人なんじゃないの?」、「え?これ創作じゃないの?」、「CGじゃないの?」と、
思うような不思議な生物が多数存在しています。

一部、例を挙げてみます。

ムラサキカムリクラゲ(学名:Atolla wyvillei)
ムラサキカムリクラゲ
太平洋や大西洋、インド洋などに生息しているのですが、
日本の深海にも住んでいます。
「海洋生物のセンサス(Census of Marine Life: CoML)」の報告と米国海洋大気庁(NOAA)によると、
このクラゲは高度に発達した “防犯警報機”を備えており、捕食者に攻撃されると光を発し、
その捕食者を食べてくれるより大きな生物を引き寄せようとするらしいです。


ウロコフネタマガイ(学名:Crysomallon squamiferum)
ウロコフネタマガイ
一見普通の巻貝ですが、なんと足の部分(腹足)が体表に硫化鉄でできた鱗で覆われている、
つまり「てつのよろい」で覆われているのですよ。


他にも、
コウモリダコ(学名:Vampyroteuthis infernalis) アオミノウミウシ(学名:Phyllodesmium serratum)
コウモリダコアオミノウミウシ
とまぁ、こんな生物たちが存在しています。本当に名状しがたい姿をしてますよね。
最早、SF小説群の異星からの訪問者的なにかと思ってしまいますよね。
まぁSF小説群の絵の方が、深海生物をモチーフにしてるんでしょうけども、
最早こんなのが出てきてもおかしくないんじゃね?とも思ってしまいます。

いあいあ くとぅるふ ふだぐん

……さすがにおかしいか。


まぁ何にせよ、こういう「最早捏造は言ってるんじゃねーの?」と疑いたくなるような生物、
それとそれを育てるような環境、そういったものって興味をそそられません?
正直、自分は宇宙より神秘を感じるやもしれん。


今回はここまで。
今回紹介する曲は、江崎とし子さんの「そこに空があるから」です。

アニメポケモンAGのEDです。……この頃から見なくなったなぁ。
いい曲だと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。