1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 広島原爆の日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

広島原爆の日。

今日は広島原爆の日ですね。


多分来るだろうとは思いましたが、やはり脱原発を持ち出してきましたね。
まぁよくあるこじつけを使い時事ネタと絡めて演説する手法です。

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011080600232
「原爆と原発、共通部分ある」=菅首相、エネ政策見直し強調


 菅直人首相は6日午後、広島市内で記者会見し、平和記念式典で福島第1原発事故に触れたことに関し、「原爆(の)被害と性格を異にするが、放射能の放出による心配という共通の部分がある。これまで以上に核兵器のない社会、放射能によるいろいろな問題を引き起こさない社会を目指す重要性を改めて強く感じた」と述べ、エネルギー政策見直しの必要性を訴えた。
 首相は「脱原発依存」方針について、「政府の方針と私の(式典での)あいさつは、方針としては一致している内容だ」と述べ、政府として推進していく考えを改めて強調した。
 原子力規制に関わる行政組織を統合し、来年4月に「原子力安全庁」(仮称)を新設するとした細野豪志原発事故担当相の試案に関しては、「大きな前進だ。しっかり議論し、そう時間をかけないで方向性を定めていってもらいたい」と語り、速やかな議論の取りまとめに期待を示した。(2011/08/06-13:42)


確かに当事者からしてみればどちらも「原子力」という恐怖の象徴なわけで、
「核」という危険性を排除したい以上、原発も排除したいというのはわかります。
そして、少し嫌な言い方になりますが、原子力に過敏になっている今がチャンスだというのも分かります。


ただ、言わせていただきたい。

自分は原爆と原発を混同して語るなんてことは愚かだと思います。
同じ核でも、「人を殺すために作られたもの」と、「人の生活を支えるために作られたもの」を、
同列にして語るなんてナンセンス。発想が短絡的過ぎる。

そんなの「戦車」と「乗用車」を同列にして比べるような物。「戦闘機」と「旅客機」を同列にして比べるような物。
たしかに共通部位はありますが、根本の理念が違う。


実際に自分は被害にあったわけではないので、当事者の気持ちはわかりません。
時には感情論が混じってしまうこともあるでしょう。

が、感情に溺れれば判断が鈍くなります。

冷静に見据えましょう。少なくとも今回の原発事故と原爆とは関係性はありません。
こじつけで無理を通そうとすることは道理にに外れていると言えるでしょう。


以上、現首相を含めた原爆と原発を混同させてしまう人に対しての暴言でした。



今回紹介する曲は、タイナカサチさんの「愛しい人へ」です。

「精霊の守り人」のEDテーマです。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。