1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » カードゲーム
  4. » 《コアキメイルの考察》 そのさん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

《コアキメイルの考察》 そのさん

久々……というかすっかり忘れてた。
コアキメイルの考察です。前回の終わりは確か「次回は相性のいいカード」と書いた気がする。
……それは止めて、今回はコアキ関連全カードのおさらいをしようと思います。

ぶっちゃけ、軽くまとめる今回のほうが分かりやすいかも。まぁ結局長いけど。
『モンスター』
《コアキメイル・ガーディアン》 公開コスト:岩石族
任意効果版のデスカリ。ちなみにダメステでも効果発動可。

《コアキメイル・サンドマン》 公開コスト:岩石族
罠版のコアキメイル・ガーディアン。

《コアキメイル・ウォール》 公開コスト:岩石族
魔法版のコアキメイル・ガーディアン。ちなみにどうでもいいが上記3枚を岩石三兄弟と呼ぶことがある。

《コアキメイル・ロック》 維持コストなし
戦闘破壊されると鋼核or下級コアキモンスターをサーチ出来る。ステが低い代わりに維持コストが必要ない。

《コアキメイル・テストヘッド》 維持コストなし
他のコアキの自壊時にそれを肩代わりできる効果とトークン生成効果が使える。

《コアキメイル・ウルナイト》 公開コスト:獣戦士族
手札の鋼核を公開することで下級コアキモンスターをリクルートできるアドの塊。純正コアキメイルの要。

《コアキメイル・クルセイダー》 公開コスト:獣戦士
モンスターを戦闘破壊した際に墓地のコアキメイルと名の付くカードをサルベージできる。ちなみに相討ちでも発動する。
さらにちなみに「鋼核初期化」も「コアキメイル」を名前に含むのでサルベージできる。

《コアキメイル・ベルグザーク》 公開コスト:戦士族
戦闘でモンスターを破壊した場合にもう一度攻撃する事ができる。

《コアキメイル・ウォーアームズ》 公開コスト:戦士族
墓地からレベル3以下の戦士族を装備でき、その攻撃力の半分を得、戦闘破壊時にそれを身代わりにできる効果。

《コアキメイル・ドラゴ》 公開コスト:ドラゴン族
闇・光属性モンスターの特殊召喚を封じる。

《コアキメイル・グラヴィローズ》 公開コスト:植物族
自分のスタンバイフェイズ時にデッキから、 レベル3以下のモンスター1体を墓地に送ることができる。

《コアキメイル・ビートル》 公開コスト:昆虫族
闇・光属性モンスター専用のつまずき。

《コアキメイル・デビル》 公開コスト:悪魔族
メインフェイズ時、フィールド上の闇・光属性モンスターの効果を無効にする。

《コアキメイル・フルバリア》 維持コストなし
鋼核をデッキトップに置くことで、次の自分のターンまでコアキメイル以外のフィールドのモンスター効果を無効にする。

《コアキメイル・スピード》 公開コスト:機械族
ドローしたカードが鋼核だった場合続けてドローできる。

《コアキメイル・パワーハンド》 公開コスト:通常罠
戦闘した闇・光属性のモンスター効果をバトルフェイズ中無効にする。ライコウ当たりが狙い目。

《コアキメイル・アイス》 公開コスト:永続魔法
手札を1枚捨てることで特殊召喚されたモンスターを破壊できる。

《コアキメイル・トルネード》 維持コストなし
手札の鋼核をデッキトップへ戻すことで、相手フィールド上の特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

《コアキメイル・シーパンサー》 公開コスト:水属性モンス
手札の鋼核を墓地に送ることで、魔法カードをデッキの一番上に戻すことができる。

《コアキメイル・グールズスレイブ》 公開コスト:アンデット族
墓地のコアキメイルを除外することで、 フィールド上のコアキメイルを破壊から守ることができる。
※コアキメイルの自壊は、「カードの効果で破壊される扱いではない」ため防ぐことはできない。

《コアキメイル・ルークロード》 公開コスト:戦士族
最上級だがコアキメイルをリリースする場合はリリース1体でアドバンス召喚できる。
召喚時に墓地の「コアキメイル」を1枚を除外することで場のカードを2枚まで破壊できるコアキ版ケルビム。
ちなみにクルセイダー同様「鋼核初期化」をコストにできる。

《コアキメイル・ヴァラファール》 公開コストなし(≒鋼核を捨てることでしか維持できない)
ルークロードと同様のリリース軽減効果を持ち、守備貫通、罠による破壊無効効果も備える。

《コアキメイル・マキシマム》 維持コスト:鋼核、またはコアキモンスターを捨てる
通常召喚できず、手札の鋼核を除外することで手札から特殊召喚するモンス。
自分メインフェイズに相手のカード1枚を破壊する事ができる。


『魔法』
《緊急鋼核処分》 通常魔法
下記の《鋼核初期化》の完全劣化なので、もう使い道がない紙。

《鋼核初期化》 速攻魔法
自分フィールドのコアキメイルをリリースすることで、鋼核をサーチもしくはサルベージできる。
前述の通り「コアキメイル」を名前に含むので、クルセイダーのサーチ対象&ルークロードのコスト対象。

《コア転送ユニット》 永続魔法
1ターンに1度、手札1枚を代償にデッキから鋼核をサーチする事ができる。

《緊急合成》 通常魔法
墓地の鋼核をデッキに戻すことで、手札or墓地から下級コアキメイルを即座に特殊召喚することができる。

《コアキリング》 通常魔法
手札の鋼核を公開することで、モンスターを破壊し、お互いに1000ポイントのダメージを与える効果。

《コア濃度圧縮》 通常魔法
手札の鋼核を見せ、手札のコアキメイルモンスターを墓地に送ることで2枚ドロー出来る。

《コアバスター》 装備魔法
光・闇属性との戦闘時ダメージ計算を行わずに破壊でき、装備モンスターの自壊時に自己サルベージができる。

《鋼核収納》 装備魔法
戦闘時に装備モンスターのレベル×100ポイント相手の攻撃力を下げる効果と、
自壊時にこのカードを墓地に送ることで自壊を防げる効果。

《鋼核合成獣研究所》 フィールド魔法
コアキメイルがエンドフェイズに破壊されるとコアキメイルをサーチできる。
ただし、エンドフェイズに手札から鋼核を相手に見せなければこのカードが自壊する。

《オーバー・コアリミット》 永続魔法
自分のコアキメイルの攻撃力を500アップ、
さらに手札の鋼核を捨てることでエンドフェイズまで攻撃力をさらに1000ポイントアップできる。

『罠』
《オートマチック・レーザー》 通常罠
鋼核を公開する必要が生まれた上に反転召喚対応を失った落とし穴。

《レクリスパワー》 通常罠
手札の鋼核を公開することで、相手フィールドのセットされた魔法・罠を破壊できる

《コアキメイルの障壁》 通常罠
墓地に鋼核が2枚落ちていることが発動条件となる聖バリ。

《コア・ブラスト》 永続罠
自分スタンバイフェイズ時に、自フィールド上にコアキメイルモンスターがいるならば、
相手フィールド上のカードを自分のモンスターと同数にする。

《コアの再練成》 永続罠
エンドフェイズに対象モンスターが破壊されるとそのモンスターの攻撃力分ダメージを受ける効果が追随した、
コアキメイル専用の「リビングデッドの呼び声」。

《能力吸収コア》 カウンター罠
墓地に鋼核があるときのみ発動できる、手札コストを必要としない天罰。

《鋼核の輝き》 カウンター罠
手札の鋼核を見せて発動できる、ドローデメリットのない魔宮の賄賂。

ふぅ。じゃあ今度こそ自壊次回こそは、「コアキメイルと相性のいいカード」にしようと思います。

……一応「次回があれば」と予防線は張っておきます。
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。