1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 蟲が湧き、胸が揺れる秋アニメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

蟲が湧き、胸が揺れる秋アニメ

どもども。今日は寒かった。


さて、先日書いたとおり。秋アニメが本格始動しましたね。
そんなわけで今回は、視聴した「Fate/ZERO」と「境界線上のホライゾン」の感想を書こうと思います。
と、いうわけでまずはFate/ZEROから。



見ごたえのある60分でした。自分は原作読了済みなのですが、
それでも素直に先が気になる素晴らしいクオリティ。

序盤は初見さん大丈夫かな?って感じではありましたが、だんだんと勢いが良くなってきていきました。

まぁ“強いて”文句をつけるならば、
 「一斉召喚のシーンの『天秤の守り手よ!』という詠唱を、
   切嗣、時臣、ウェイバーの三人に同時に言わせて欲しかった」
……という程度。それ以外は、自分ごときでは不満のつけようがない。


……ところでアレな話になりますが、蟲蔵のシーンは流してよかったのかな?
いや、自分は蟲姦属性持ちですから大丈夫てかむしろ勃ちかけ(ryだったのですが、
一般受けはしないジャンルですし、クレームとか大丈夫なのでしょうか?しかも無修正だったし。

とりあえず大満足。このクオリティを維持し続けてくれることを切に!切に願っておりまする。
原作者のブッチーも『第二話は、輪をかけて輪をかけて物凄い』って仰ってますし、期待はしても大丈夫そうです。


それにしても……序盤の時臣&璃正のグルグルは一体なんだったんだろう……?




続いて、境ホラ。いろいろな意味で原作再現。
原作で言うところの『序章』の内容となりました。そんな今回の内容は、既読者と未読者とで評価が分かれそうな出来。


既読者の自分の感想ですが、「納得の再現率」って感じでした。

特にキャラクターの個性が際立っている点が好印象。てかこれが無くなったら面白くないってレベルじゃn
他にも原作で描写されなかったシーンとか追加されていて凄くいい感じではありました。
……ただ、本筋に関係ない会話のカットが少し寂しい。仕方ないけれど。

そして表示枠とか街並みの表現とかの世界観についても、本当によく出来てると思いました。

ですが戦闘シーンは、よく動いてるとは思うけど、少し軽いというか、薄さを感じるという感じを受けました。
まぁまだ『授業』の段階ですしね、本格的な戦闘まではこんな感じになるのでしょう。
(あとどうでもいいけどオパーイの光規制はもう少しうまいやり方があったような気がしないでもない)

まぁ総合的に見て、不満は少々ありますがわりかし満足な内容でした。
ただ、これは前述の通り既読者であるゆえの感想。


未読者の一見さんは多分よくわからなかったと思う。てか絶対に、間違く分からなかったでしょう。
あんな説明で分かれって方が無茶だし、そもそも原作ですら内容を反芻しなきゃわからない。

原作未読者の皆さんへ。
原作既読者の立場から言わせてもらうと、細かい設定をこの段階で理解するのは諦めたほうがいい。

だって文章にすると(ちょっと某所から引用しますが)、

遠い未来、ある理由からもう一度歴史をやり直し始めた世界
かつて神として天上に昇った人類は争いの末
神々の力を失い再び地球と呼ばれた大地へと戻ってきた
しかしその星の環境は荒れ果て
神州以外に人の住める場所はなくなっていた
人々はかつての繁栄を取り戻すべく、
聖譜(せいふ)と呼ばれる前時代の歴史書を元に
現実世界の神州と、そのコピーである重奏神州
(じゅうそうしんしゅう)に分かれて歴史再現を行っていた
しかし中世の神州において歴史再現の失敗により生じた
重奏神州の崩壊が世界各国による極東神州の分割支配を招き
各国の王はそれぞれの土地の戦国大名との合一を計ったのである
そして現在、極東の戦国大名と世界各国の英傑たちは、
極東史の戦国時代と世界史の30年戦争時代をやり直しつつ
世界の覇権を争っている

ですぜ?これ一回の説明で意味分かるヤツがいたら真面目に尊敬するわ。
要するに(これも某所からの引用)、

人類は神の力を得て天上界に上ったが、
争いの結果荒廃した地球に戻る事になっちまった

また神になりたいけど方法がわからん→
そうだ、人類の歴史を再度たどれば最終的にまた神になれるんじゃね

中世時代にとある事情で日本しか住める所がなくなったので
世界中から侵攻され分割統治された日本で各国が歴史再現中


ということなのですが、分かるかな?

分かっていただけたなら、既に投稿した記事を編集したかいがあるってものです。
もしも他になんか分からないことor疑問に思ったことがあったら、
本スレで聞くもよし、ここで聞くもよし、なんか別の場所で聞くもよしです。

大丈夫、武蔵は誰も拒みませんので――あ、荒らしだけは勘弁ですが。


設定がごちゃごちゃしてると思うでしょうが、というか実際ごちゃごちゃしてますが、
その設定は無理に理解しようとしなくても、
作品の雰囲気というか空気さえ合えば楽しめるようになるはずなので、
抵抗なければとりあえず続けて見て欲しいと思います。

てかぶっちゃけ設定はあくまで世界観の色づけだと思って大丈夫です。

とりあえず今の段階では、
 『勢いはあるしなんか面白そうだけどよくわかんない』
っていう感じであるなら幸いです。



そんなわけで、初見置いてけぼりで始まったわけですが、
当初の予想通り原作読者のためのアニメとなるか、新参も巻き込めるかは今後次第だと判断できます――以上。

そして、『最終話放送する頃には、もう原作既読者しか残っていなかった』
――などというふざけた事態にだけは決してならないように努めて欲しいものです――以上。





とまぁそんな感じ。あとここに感想を書くのは多分P4かな?
配信で見るものに関しては基本的にここで書くつもりはないし。

そんじゃま、今回は終わり。




おまけ。ホライゾンの第一話のQ&Aを某所より引用及びちょい追加。製作してくださった方に、拍手ー。

第一話Q&A
Q:「ジャッジメント(ジャッジ)」って何?
A:「YES.」と思ってくれておk。

Q:最初に先生と眼鏡が色々言ってたのはどういう意味?
A:あらすじ(簡易版)を見れば何となくは分かるかと思います。
  詳細は2話でも説明されると思うのでとりあえずは2話を待ってください。


Q:何かスライムとかインキュバスとかカレー持ったインド人とかいるんだけど?
A:単なるクラスメイトです。そういう世界なんだと思ってください。

Q:途中で弓矢を撃ってたキャラが色々言ってたけどあれは何?
A:要は神の力を借りるための代償行為で「代演奉納」と呼ばれています。
  基本的には神の喜ぶ行為を行うことであり、今回は

  昼食と夕食に五穀を奉納
  二時間の神楽舞
  神の使いである走狗(マウス)とお散歩+お話

  の合計4代演を宣言して前借りで術式4つを使用できました。
  代わりに宣言した代演は必ず行う必要があります。


Q:最後に主人公が出てきて告るだとかホライゾンだとか10年前に死んだとか言ってたけどよく分からない
A:後でわかるので今は解らなくとも問題ないです。



おまけ2。人物相関図の最新版が来ていたのでそれも転載。

今回紹介する作業用の曲は、福山芳樹さんの「真赤な誓い」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。