1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 間違いやすいけど、例のヤツの第一声は「らっしゃっせー」じゃなくて「らっしゃーせー。」が正しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

間違いやすいけど、例のヤツの第一声は「らっしゃっせー」じゃなくて「らっしゃーせー。」が正しい。

虚淵さんのサイン会があるそうです。(http://www.machiasobi.com/events/urobutigen.html)
場所は……徳島だと?無理だ行けない……。

ども。セイクリッドのパーツが集まったので本格的に組んでみようとしている桜火です。
今回はそんな事は関係なく、アニメ関係の記事となります。では、アニメP4の感想を……の前にちょいと色々。

まずFate/ZERO。実は分割2クールだとのこと。


「Fate/ZERO」 10月~12月、4月~6月
2シーズン制で送る伝奇アニメ

本作は前半戦と後半戦の「2シーズン」に分けて放送されることが決定した。
第1シーズンは全13話で12月まで放送される。
その後1クール(約3ヶ月)を空けて、第14話以降の第2シーズンは、来年4月から放送開始される予定。
プロデューサーの岩上敦宏は「すべてはいいフィルムをつくるための判断です」と語る。
ufotableの近藤光は「長丁場になるのでスタジオは大変ですが、最後に聖杯の願いがかなうことを信じています」と発言している。
聖杯戦争の結末は来年の6月。


「すべてはいいフィルムをつくるため」だとは言っても少し残念。
やはり熱は多少冷めてしまいますし、物語の流れも多少切れてしまいますしね。

まぁいくらなんでもあのクオリティを25話近く続けるのはさすがに無理だろうとは感じてましたし、
基本的に1度きりのアニメ化ですから、最良の出来に仕上げてくれるのならば無問題。

……3ヶ月程度なんてまほよに比べれば。


あとちょっと前の話になりますが、境ホラの人物相関図の最新版が来ていたので、ちょいと転載。

……人物相関図にすると案外ややこしいですね。まぁキャラクターが多いから仕方がありませんが。





それでは、本編のP4の感想と参ります。
まず一番心配していたイゴール(中の人が既に亡くなっているので……)ですが、
代役を立てるのではなく、ゲーム内の音声をそのまま流用する(特別出演)という形に。ファンとしては凄く嬉かった。


さて、肝心の内容ですが、かなり原作に準拠しており様々な点が原作を意識している作りとなっており、
原作プレイ済みの人間としてはなかなかにいい感じ。

BGM、カレンダー、ステータス画面等々、細かいファンサービスが行き届いている点が目に付きました。
特にステータス画面。まさかあんなとこまで再現するとは思わなんだww


ただ戦闘シーンを見せたかったからか、覚醒シーンを見せたかったからか、今回は結構駆け足となってました。
ゲームやってない初見さんはポンポン進んでいくストーリーに付いてきにくいかったかも。
まぁゲーム自体が結構なボリュームですから、駆け足になるのは仕方ないですけどね。

これに関しては次回以降に期待したい。


個人的に少し残念に感じた点は、BGM。
確かにファンとしては凄く嬉しかったですが、微妙に「合わなくね?」と思う時が多々ありました。
もっと具体的に言ってしまうと、若干“軽い”印象を受けました。ゲームの方では凄くいい感じなんですけどね。
特に顕著だったのは覚醒シーンの戦闘BGM。

他にも顔のグラデーションとか作画とか少々気になる点はあったものの、
もっと酷いものを覚悟はしていましたから、個人的には無問題。


というわけで全体の感想としては、概ね満足。

前述のイゴールに代役を立てなかった件も、様々なファンサービスもそうですが、
スタッフが原作を非常に大事にしていることが伝わってくるような作りとなっておりました。

ただアニメならではの良さがあまり感じられないというか、原作の販促アニメって感じを受けたことも事実。
まあ原作も序盤から飛ばすゲームじゃないですし、まだまだ期待して損はないと思います。



ところで、番長が「ハァハァ言いながらボタンを一つ一つゆっくり外していく」シーンはどうにかならなかったのかww
今回紹介する曲は、PENICILLINの「ロマンス」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。