1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » アニメ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

アニメ感想

今回はアニメの感想。

Fate/ZERO。今回は2巻(自分は同人出版の方を持っているため文庫版は持っていません)のはじめの内容。
戦闘はちょっとお休み。
まぁ派手めな戦闘シーンに比べ地味なのは否めないですが、やはり面白い。

ただ、人体オルガンのシーンの大幅カットはすこし残念。

Q.
人体オルガンってなんぞ?

A.
魔術で生かされてる子供の腸に釘を打ち込み、
『「ここを叩けば「ド」の悲鳴、そこを叩けば「レ」の悲鳴」などのようにして楽器をつくろう!』
という雨生の試み。
ちなみに悲鳴が一律なわけないんで結局は企画倒れとなる。
まぁ……仕方ないですね。
でもうりゅーの異常性とかが感じ取れるシーンでもあったのであんまし回避してほしくはなかったかな。
……まぁあんなの地上波で流せないだろうけど。BDなら解禁されるのかな?

ただ、高水準ではあるけれども今回は少し作画の方に不満点がありました。
今までがかなり高かった反動か、やっぱ違和感は拭えない。
まぁ作画厨ではないのでそこまで騒ぐ気はありませんが、少し残念ではありました。
特に一番酷いと思ったのはソラウ。いや何ていうか違和感が……。具体的に言えば、顔が小さい。


あと、どうでもいいけれど。切嗣の催眠暗示はもう少し画面を歪ませるとかあったほうがわかりやすかったかも。



境界線上のホライゾン。
もし用語等がわからない人は、公式サイトやアニメ版Wikiを見るといった対処を行うか、
またはアニメ本スレなどに質問へ行くとよろしいかと――以上。
ええ、ピラニアが餌に食いつくかのような迅速かつ最適な回答を寄越して頂けるでしょう――以上。
ぶっちゃけて言いますと原作を買うほうが早いわけですが――以上。


というわけで感想。今回は約130ページほどの内容。
銀さんさんにガル茂さんとのアモーレ溢れる会話からスタート。
話の大筋以外は極力カットしているなどというのは今更ですが、立花夫婦の会話も大幅カット。

この夫婦大好きだからカットやだなぁ……と思っていたということもありますが、
色々と今後どうなるのかの説明をしていたシーンでもあったのでそっちの意味でも少し残念。

その後は概ね原作通り。いやカットはありましたが。特にバレンタインの歴史再現。
バレンタインをあの流れに持ち込むことは難しいけどね……。
数ある歴史再現でもかなりのインパクトがあったものであったら嬉しかったなー程度。

それにしても意外だったのは、アサマチの字が意外と丸っこいこと。もっと達筆だと勝手に思ってた。



今回はここまで。全然どうでもいいことですがまたElonaをやり始めました。
どうせ「はじめからはじめる」状態なのでヴァリアント版を試してます。ちなみに種類は「ore_hack」です。
まぁこれに関しては又の機会に書くとしますわ。

じゃあ終わり。
今回紹介する作業用の曲は、戸松遥さんの「神産巣の時」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。