1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 降霊、交霊、高霊、光霊、光嶺、恒例、高齡……。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

降霊、交霊、高霊、光霊、光嶺、恒例、高齡……。

今回は日曜日降霊……もとい交霊の……高霊の……。
なんでこんな変換にばかりなるんだッ……!!
しかもその次は光霊ってなんだYO!Spiritualな変換ソフトだなぁ、おい!

まぁそれはさておき、日曜日光嶺の……恒例のアニメの感想。


Fate/ZERO。
今回はアインツベルン城へのキャスター侵攻からケイネスへの起源弾まで。

心理描写を結構削っているためか、切嗣がチキンハートみたいじゃないか!!いや実際チキンだけど。
あと、「今日のおまえは左利きになったつもりでいるがいいさ」という軽口はあんまし削ってほしくなかったかな。
気に入っている掛け合いの一つなので。
あと征服王のパンツはいてないところはカットですかそうですか。

まぁそれら以外は基本文句なしの出来でした。

若干地味な能力の固有時制御もうまく表現できていると思いましたし、
ケイネス先生に固有時制御の説明をさせることで小物臭を脱却!!できてないね。

触手責めもうねうねしてて良い感じ。触手自体の造形自体に関しても概ね良好。
特にあの裏のザラザラ感はイイね!ただもうちょっと表面部分の目玉はギョロギョロさせてもいいかな!!
まぁ今のままでも十分おkですが、紺色主体より深緑を主体に(そして目玉を黄色主体に)すると自分好み。
もし紺色主体なら“触手の先端が割れてその中からさらに小さな触手が伸びている”様な感じだと、
気持ち悪さがましてグッドかも。「許容できない存在である」というのが触手の醍醐味ですからなぁ。

まぁ触手について語りすぎるとアブノーマルな性癖持ちだと疑われてまうのでここまでに……。
あ?十分長い?いやいやいや比較的短め……。

そんなわけで約三分の一を触手が占めましたが、Fate/ZEROの感想はここまで。



続いて境界線上のホライゾン。
今回は臨時生徒総会編。直政とネイトのそれぞれへの相対戦となりました。
……さてさて初見組はまだ付いてこれているかな?

内容の説明をしつつ感想を書こううかと思いましたが、そんな高度なことは自分には出来なんだ……。
内容の説明は本スレにでも聞いてくれ。

とりあえずシロジロと直政との戦闘はありましたが少々地味目に感じました。
まぁ鹿角さんの戦闘があったからでしょうがね。ホントアレはすごかった。

ただ、ベルさんをミトが助けるシーンが少々キマシタワー調になっていたり、
トーリが吹っ飛ばされるときに「お父サーン」と叫んでいたりとなかなかオリジナル要素が今回は光る。
特にホラ子の読んでいた滅多流和歌集MAN-YOU!はやばい。すごいインパクトだった。

同時に少しカットしてほしくなかった部分がカットされていて残念。
どこかしらで入れてくれないかな?まぁ今のような超圧縮でのペースじゃ無理かな?残念。
まぁカットしてほしくなかった部分は今までにもいっぱいありますし、割り切っていこうと思います。

次回はセージュンと馬鹿との相対戦。色々と楽しみ。




さて、こんなところですかね。
今回はここまでとしますか。色々とやることもありますし。
今回紹介する作業用の曲は、酒井ミキオさんの「Wonderful Life」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。