1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » ダブル選挙直前なので。 大阪府知事選編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ダブル選挙直前なので。 大阪府知事選編

風邪を引いたっぽい。かなり怠い。
畜生、誰だ「馬鹿は風邪を引かない」なんてデマを流した奴は。
謝罪と賠償を要求するニダ!え?体調管理ができないお前が悪い?
ソレは体調管理をさせないようにした日帝の策謀ニダ!!

さてと、今回も前回に引き続き政治関連。

ダブル選挙、ダブル選挙と言っておきながら、府知事選の方をまとめている人は少ない気がする。
まぁ結局のところは、「橋下派vs反橋下派」の構造ですしね。

今回大阪府知事選挙に出馬するのは、
松井一郎、倉田かおる、マック赤坂、梅田章二、中村勝、高橋正明、岸田修、
と以上の7名。まぁ名前を書いた所で誰が誰だかわからないでしょうし、とりあえず纏めてみましょう。



今回はちょうど手元に選挙公報があるので、それのみを参考とさせて頂きます。
ほぼノーカットかつ余計な詮索をせずに書くので、公報に書いてあることのまるまる写しとなりますが、
そのへんはご了承下さい(具体的な内容でないor選挙公約ではないと思われる場所はカットさせて頂きます)。



松井一郎(大阪維新の会)
『大阪都構想の実現』
 ・大阪都に広域行政を一元化することで二重行政を解消する。
 ・水道、交通、消防などの経営形態を変えることで職員数を三割以上削減する。
 ・産業基盤の整備を行い、景気、雇用を回復させる成長戦略で府民所得を向上させる。
 ・危機管理体制を一元化して防災機能を強化。

『公務員制度の改革』
 ・職員基本条例を制定し、特権的な身分制度を排し、府民感覚を反映する制度を構築する。
 ・教育基本条例を制定し、教育委員会が独占している権限を住民の手に取り戻します。


倉田かおる(元池田市議会議員、前大阪府市長会会長)
 ・大阪府、政令市、市町村がそれぞれの政策課題を共有し、二重行政の解消に務める。
 ・広域課題に対応できるよう「市町村連合」を推進し、大阪府は市町村のバックアップを行う。
 ・教育の政治的中立は保ちながら、大阪全体が目指す教育目標を「大阪府教育振興計画」として作成する。
  →具体的な施策は、府、政令市、市町村それぞれの教育委員会が役割分担をして推進する。
 ・大阪府庁舎を大手前に集約する。
  →これにより府民の負担は300億以上少なくなる目算。


マック赤坂
 ・大減税
  →府民税を半分に削減。
 ・小政府
  →府庁・職員・議員を削減。
 ・スマイル教育
  →挨拶、マナー、英会話
 ・うつ病・自殺対策
  →メンタルをポジティブに
 ・全面禁煙
  →たばこ喫煙税創設


梅田章二(日本共産党推薦)
 ・「財政調達基金」の3分の1(約300億円)を利用して、防災・福祉の緊急制作に努める。
 ・大型開発のムダを削る。
 ・国に大企業減税の是非、補助金・地方交付税の復元を求める。

 ・学校耐震化を早期完了させる。
 ・住宅耐震化予算を20倍化。
 ・「梅田北ヤード」に森林公園を(緊急時の避難場所として)。
 
 ・「原発ゼロ」を発信し、太陽光パネル設置への補助制度を創設させる。
  →住宅は年間1万件、10億円。
 
 ・市町村と協力し、国保料を1世帯1万円以上引き下げる(75億)。
  →介護保険の負担を軽減させる。
 
 ・医療費助成を増やし(23億円)、全市町村で中学校卒業まで広げる。
 ・保育所の新・増設で待機児童の解消を行う。
 
 ・「35人学級」を小学3年生、中学1年生、高校にも広げる。
 ・中学校給食完全実施へ府の補助を3分の2に引き上げる。
 ・学校警備員補助の復活。

 ・自然エネルギー・住宅・福祉・環境の公共事業で雇用と仕事を増やす。
 ・非正規を正規に、中小企業を「主役」にして大阪経済を立て直す。

 ・憲法を府政に貫く。
  →女性副知事の雇用。
  →TPP、消費税の増税に反対する。


中村勝(日本維新会)
 ・こども医療費の無料化
 ・老人医療費の外来初診時無料化
 ・公立の中学・高等学校の一貫教育校を設置
 ・府職員給与・人件費総額の2割削減。
 ・大阪府を4分割し、新たに大阪府広域連合を組織
 ・大阪市・堺市の政令指定都市の分割に反対
 ・国の地方局を廃止し、権限・財源を新たな大阪広域連合に移管
 ・産業界・学会の創意で、企業誘致を推進し、府民に働く場所を確保
 ・地方議員報酬の月給制を廃止し、議会開催日のみの日当制を推進
 ・行政機関への要望・陳情の文書化を義務付け


高橋正明
 ・教育・教員条例を廃止
 ・府職員の給与を元に戻す


岸田修
 ・財政再建を府民と共に行う
  →命に関係ないものは削る
  →指定金融機関制度は検討の必要がある。
 ・今回の選挙費用は供託金(300万円)しか使わない。
 ・犯罪防止と交通事故防止の対策を強化する。



最後の2人がかなり短くなってしまいましたが、
書いてある事以上を書いてしまうと誤解を生む恐れがある故に、書いてあることだけを抜き出した為であって、
実際のところはもうちょっと書いてありますよ。

では順々に意見でも書いていこうと思う。
まぁ前回のようにしていると長くなるので今回は短めで。



まずは、ド本命の松井一郎。
橋下がプーチンならば、こいつはメドベージェフ。
まずは上の内容に関してなのですが、正直なところ“無難”な内容すぎて文句を言おうにも言えない……。
強いていうなら、教育委員会に喧嘩を売っているところぐらいかな?

人となりについては、“橋下の傀儡”という言い方が一番かと。
憶測だけれど、多分この選挙に関して自分の意見なんてないんじゃないかな?まぁそんな感じ。



次、こちらも本命の倉田かおる。
こちらも比較的無難な内容だけれども、こっちは突っ込みどころがある。

政策課題を共有し、二重行政の解消に務めるとありますが、
それが出来ていないから「大阪都構想」なんてものを出されるわけで。
あと、大阪府庁舎を大手前に集約することでどうして府民の負担が300億も減るのか説明していただきたい。

まぁ「1週間で府内の43市町村長の3分の2、28人以上の署名を得ることが知事選立候補の目安」と、
ぬかしておきながら、実際は20人止まりでも出馬するような男ですから信用するもへったくれもないわけですが。



続いて、超大穴のマック赤坂。

いろいろな意味で凄い。いや本当に。

まずは自分が使えるページの半分余りを「スマイルセラピー」とやらの宣伝に使う剛毅っぷり。
残った半分弱に関しても名前と顔写真の欄に3分の2を費やしながらも、
名前の紹介と顔写真以外は何も書かないというその男気には(ある意味で)尊敬の念を隠せません。
(しかもその名前も他の候補と比べて明らかに強調されておらず、小さい)

その大々的に宣伝しているスマイルセラピーの内容も、

『スマイルセラピーとは』
スマイルをメイクすることで外見力をアップし、メンタルをポジティブに。


?健康・美容・メンタル・人間関係の改善
?セラピーコース
 ・スマイル トレーニングコース
 ・接客コース
 ・うつ病対策コース
 ・モテモテ恋愛コース

という謳い文句と共に広告(この広告だけで全体の約3分の1)を占めているものが貼っつけているあるだけという物。

そして残ったスペース(全体の約8分の1程度)に、上で書いたこと(大減税だとか小政府だとか)を書いてあるだけ。
その内容の幼稚さ、薄さ、軽さもさることながら、
「間違いなく顔を作っている」と素人目でも分かるほどにぎこちなく胡散臭い笑顔を浮かべているなど、
『こいつに入れるのは絶対に間違っている』と確信させるという意味ではこれ以上ない出来。

いやはや。
とりあえず問題点ですが、何もかもが問題。とりあえずどうしてお前は出馬したんだ?と問いたい。
てかこいつの出馬に関しても供託金が支払われているわけですよね……。うわ、嫌になるわ。



続いて梅田章二。
日本共産党推薦という重い足枷を背負った状態で出馬するわけですが、
(上の人に比べればマシだけども)その述べている内容はかなり突っ込みどころが多いもの。

原発をゼロにする→自然エネルギーを推進する→関連産業の雇用Up→地域経済が活性化する!

という夢物語プランを述べているわけですが、
(夢物語を語るのは勝手ですし、夢物語を語れなくなった政治家はそれはそれで問題ですが)
こいつのは大前提から間違っている。

だって、そもそも大阪には原発がないんだもの。



ここから裏面、中村勝。
日本維新会というパチもんからの出馬。人となりに関してとりあえず軽く調べてみたところ情報なし。
とりあえず具体的にやろうとしていることは分かるのですが、上で書いたことが文字通り“全部”で、
他に自分がやろうとしていることや、方針を書いているわけでもなく、
どうしてそれらの事をやろうとしているのかがまるで分からない。

例えば、「CO2が増えている→だから木を植えよう!」というところを、
「木を植えよう」という結論から書いているような感じ。


内容が抽象的すぎるのも問題ですが、ここまで抽象的な要素がまるでないのも結構問題。

考えの方針からやろうとしていることの方向性を見出すことができない以上、
この人のやろうとしていることに対しては情報不足過ぎて語ることすらできない。



次、高橋正明。
上のではかなり内容が薄くなってしまったので、書いてあったことを全文抜き出してみます。

◎天のご意志や憲法に背信の教員の教育の自由を奪う教育・教員条例を廃止する。
 私は断じてマッカーシーにはならない。

◎東京一極集中に対抗した大阪を作ろうとしている今、節操のないキソン政党のヒモつき候補者を選んではならない。
 必ず東京の魔の手がのびて、地方分権が実施できないからです。
 一部週刊誌、新聞、テレビの人権を軽んじたり、右に左に偏向させる報道に左右されず一人で戦う私を選んで奇跡をおこして下さい。

◎大阪維新の会府ギ団、自民党府ギ団のNPO大腎協通信今年三月二十五日付でわかるように、都構想で二重行政の解消というすばらしい考えとはうらはらにほぼ無回答、自民党もほぼ同じ。だれのための政治か、まずは障害者や患者、そして老人、雇用されていない若者の人権を守るのが政治である。

◎府職員の給与を元に戻させていただきたく。
 身をきって府民のために働く姿を他市町村の議員、職員は見習ってほしい。
 私の給与は一円で良い。年金と「アムールの鷹」と呼ばれるスターリン軍を震えあがらせ、蒋介石からSPに雇われた父と、長野、和泉の才姫とよばれた母の多くの借金を含む遺産で何とか食べられるから。

◎四十年間ともに学び、スポーツし遊んだ卒業生教職員諸氏、
 学習院桜友会、昭和寮、文化部諸氏、富校春秋会の六人、石川のほとりをそぞろ歩きしてくれた彼女。
 最後に私のような人間に投票していただいた方々に、厚く厚く御礼申しあげまして、お別れしたいと思います。

まぁ全部読んだ方なら分かるかもですが、これはどこの講演会だという感じ。

内容を移していて思ったのですが、なんというか校正したくなる文章だった。
最初の「憲法に背信教員教育自由を奪う~」に始まり、
「です・ます」なのか「だ・ある」なのかが統一されていない語尾、
中でも、一番ひどいのは父親と母親の遺産のくだり。全部必要ない。
せめて「遺産で何とか暮らしていける故」とかに軽く纏めたほうがいいだろ、常識的に考えて。

とりあえず肝心の内容に関しては、講演会レベルの域を出ない。



長かったけどようやく最後。岸田修。
選挙費用は供託金しか使わないとのことで、手書きで書かれていました。
供託金を無駄に得ようとしている奴が今回の選挙にもいた事を踏まえると、そのスタンスには賛辞を送ります。

が、出費を出来うる限り抑えたいというのはわかるけれども、だからって読みにくくしてちゃ本末転倒じゃね?
と思わなくもない。今時ワープロで事足りるわけだし。

上の方に纏めたものでは内容が少なくなってしまいましたが、この人は比較的やりたいことは述べています。
まぁどのようにして行うのかという「具体的手法」に関してはあまり触れられていなかったのが残念。
結局、具体的に何をやろうとしているのかが分からない以上、投票しようにも……。

ただ本当に供託金しか使っていないのであれば、気力の続く限りは出れるはずですし、
そういうことで次回以降に期待。







やっと終わった。てか長すぎるよ……。
流石に全員書くのは無茶だったかな。最後のほうがかなり適当な感じになっちゃったし。

もしも最初から最後まで読んでくださった方がおれば、いろいろな意味で申し訳ない。
今回紹介する作業用の曲は、リストの詩的で宗教的な調べより「孤独のなかの神の祝福」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。