1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 頭痛の種が尽きなくて困る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

頭痛の種が尽きなくて困る

最近……てか今さっき知ったのですが、またろくでもない法案が提出されたようです。
正直TPPだけでも頭が痛いのにこれ以上頭痛の種を増やすんじゃねーよ、糞ったれ。

さて、その法案は、
「成人の重国籍容認に関する請願」「国籍選択制度の廃止に関する請願」です。

法案の名前からもう胡散臭さとかその他諸々と言いたいことが伝わるいい法案名です。
はっきり言って「外国人参政権」よりも遥かにオカシイ(というよりはそれを内包している)法案です。
だって「外国籍を手放さずに日本国籍を取得できる」のですよ?これがオカシイはずがないでしょう?

「外国籍を手放さずに日本国籍を取得できる」とは即ち、
『他国籍を持ちながらなお、選挙権も立候補権も得られる』ということです。
これがいかに恐ろしい事なのかが分からない人はいないでしょう。
分かんないなら、その使えない頭回転させてよく考えろ。この馬鹿。

分かっているでしょうがあえて言おうか。
この法案が通れば、まず他国から人が入ってきて政治の中枢を握ろうとする。
(それを積極的に行おうとするハイエナのような国が日本の周りにはたくさんいる)
そして一度握られてしまえば、あとは“その握った国が、祖国の為になることをしでかす”でしょうね。

具体的には、中国が中枢を握った場合。
・日本海で魚をとっていいのは中国人だけアル!
・雇用は優先的に中国人アル!
・日本人は給料なしアル!
とかが出来ます。無茶苦茶ですね。

本来ならば、立候補をする段階で日本国籍を取得している(≒中国籍を捨てている)はずなので、
こんなことをすればこの法案を通そうとする人間も割を食うので、“普通”はしません。
が、今回の法案が通っている場合は“あくまで中国籍を持っている”状態なので、
中国人とも扱われ、結果上のような無茶苦茶なものでも恩恵を得ることができます。

他人に負荷を押し付けられる+自分は恩恵だけ得ることが出来る。
そんな状態になるわけです。ちなみに日本人は常に押し付けられる側ですよ?

「そんなことはするはずない」「まさかそこまではしない」なんてお花畑な頭をお持ちの方はよく考えて欲しい。

『そんなことすらまかり通りかねない法案を通していいのか、否か』
正常に頭を動かすことが出来るならば分かるはず。


国内だけの問題ならば、どんな悪法であっても身内だけで撤回したりすればある程度はなんとかなるものです。
しかし外国が絡むこの法案は一度通れば撤回は不可能です。二度と戻れません。

地方の得票数なんてものは所詮は、票数の差が百票前後。
わずか百人~千人程度の外国人による組織票であっても、当選落選に直結します。
そして「日本に寄生しようとする“奴ら”」に限って、
『組織だった行動をして、その組織票をもって地方から議員を支配し日本を少しずつ切りとる』
といったことを考えていますし、本法案はそれを十二分に実行可能とするものです。


少しでも知りたくなったら、検索してみてください。その行動にこそ意味があります。


ちなみにこの法案に「賛成」している「鳩山由紀夫元総理」のご発言。

鳩山元首相「関係ズタズタと米は思ってない」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111205-OYT1T01141.htm


ああ、相変わらずのお花畑。お世辞という言葉を知らないらしい。
本当におぼっちゃまはこれだから。
もうここまで来ると精神病の類だわ、ホント。
今回紹介する作業用の曲は、フランツ・リスト作曲、交響詩第1番「人、山上にて聞きしこと」です。


スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。