1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » カードゲーム
  4. » 《コアキメイルの考察》 そのよん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

《コアキメイルの考察》 そのよん

トップデッキのヤツらは恵まれたな効果を得ながら、くだらない思想をぶつけ合っている。
コアキはそのしわ寄せでこんな効果を……強いられているんだ!!(集中線)

どうも。GSの再録カード、カオスポッド再録がかなり嬉しい。
コアキメイルと結構相性がいいし。


さてさて今回はコアキと相性がいいカード及び相性がいいと言われるカードを考えてみた。
自分が書くコアキ系記事の例に漏れず、無駄に長いです。
まずは維持コストにも出来るモンスター達を種族別で。

まぁ基本は維持コストしてモンスターを入れるくらいなら、その種族で統一しちゃった方がいいので、
維持コスになる相性の良いカードは限られています。

岩石族……比較的有用なカードが多い。てかむしろ岩石で統一したほうが強(ry

《N・グラン・モール》
説明いらずの鬼畜モグラ。まぁ最近は召喚権使わないと出せないのがネックに感じますが。
能動的に除去を行う手段に乏しいコアキにとっては心強い存在。
手札に戻るというのも維持コストになると考えれば。

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》
有力な特殊召喚封じ。
コアキに岩石族を混ぜるということはメタビ要素を混ぜるということに等しいので、そういう意味でもなかなか。
ただステータスが低いのが難点かな。あとコアキメイル・ドラゴと役割が被る点も難点。

《メタモルポット》
説明いらずの手札補充カード。利点欠点は分かりきっていると思うのでカット。

《伝説の柔術家》
守備表示で攻撃してきた奴を単体除去。優秀だとは思うけれど、役に立った機会が少なくて……。
単体除去としては受動的な点もマイナス。 リバース効果じゃない点は評価できますがね。

《カオスポッド》
コアキのデッキレシピとかを見ても言及されてないことが多い、自分的には超優秀だと思うカード。
基本的にレベル4が中心になる+除去カードが少ないコアキには相性が良いと思う。
まぁ柔術家と同様に、効果の発動が(基本的に)受動的な点はマイナス。

《ゴゴゴジャイアント》
ATK2000のデメリットアタッカー。ダークガイアを採用するなら採用候補に入ると思う。
ただ、別にとりわけて「相性が良い」というわけではないので、
まともに機能させるには、おろ埋かチェインあたりで落としてやったりしないと少し使いづらいかも。


獣戦士族……「相性がいい」カードは少ない印象。有効活用の方法を考えるのは必須。

《神獣王バルバロス》
とりわけて相性がいいわけではないけれど、獣戦士族で汎用性が高く優秀なカードと言えばということで。

《賢者ケイローン》
手札にだぶついた鋼核を処理できるよ!個人的には悪くはないと思うけどそこまで強くはないとは思う。

《TG ワーウルフ》
ストライカーなどとセットで運用する必要はありますが、超優秀なモンスターの一体。
基本的には手札コストになる、劣勢になれば戦線を整える為の時間稼ぎにも出来る、
相手ターン中での特殊召喚も可能であるなど、利点だらけ。
さらにはサーチできるストライカーは戦士族であるなど、もう獣戦士+戦士で組めってことなんじゃねって思う。

《バスター・ビースト》
一時期は相性がいいとか言われたモンスター。
パワーハンドのコストになるバスター・モードを加えられるとか何とかと言って。実際はお察しレベル。
パワハン自体採用し辛いカードだし。

《柴戦士タロ》
実は獣戦士+岩石では数少ない使えないこともないチューナーではありました。
が、維持コストにならなくてももっと汎用性の高いバルブやTGストウルフセットが出てしまっていることを考えると、
採用は難しいと思う。

《王虎ワンフー》
メタビ風にするなら採用の価値アリ。
強者の苦痛もコアキと相性がいいので、わりかし採用しやすいかも。


・戦士族……獣戦士族以上に「相性の良いカード」が少ない印象。

《TG ストライカー》
ワーウルフとセットで恐ろしいシナジーを発揮する。
特殊召喚できる上にチューナー。
地属性が多いコアキでは、ナチュル・パルキオンを特殊召喚する機会も少なくない。

《ハウリング・ウォリアー》
ウルナイトをサーチする手段に乏しい現状を打破する為のインヴォーカーを、
召喚できるように出来る可能性を持ったモンスター。
欠点は、このカード単体では運用が難しい点。
1ターン生き延びさせるのすら難しいコアキでどううまく使うのかが考えどころ。


・悪魔族……岩石と一緒に採用することでダークガイアにできるのが特徴。優秀なカードも多い。

《死霊騎士デスカリバー・ナイト》
ガーディアンに比べて強制効果だったりして、使いづらい点はありますがやはり優秀。

《冥府の使者ゴーズ》
出しやすさではトラゴに劣り、戦闘無効はバトルフェーダーに劣るけれど、やっぱそれなりに強い。
何よりダークガイアの素材になる。トラゴ、フェーダーでは融合自体はできても攻撃力の足しにならないので。
デビルの維持コストとして見せることで直接攻撃を躊躇させるという使い方が基本になるかな。

《スナイプストーカー》
単体除去が少ないコアキの除去手段として。手札を消費する点から言っても正直そんなに相性は良くない。

《Tour Guide From the Underworld》
海外新規カード勢。いま注目しているカードの1枚。
地味にコアキメイル・デビルに対応している点もそうですが、
ランク3を安定して特殊召喚させることができるので、
コアキでも楽にインヴォーカーを特殊召喚できる点がすばらしい。


ドラゴン族……ただでさえ下級モンスが弱いのに、その中からコアキと相性がいいカードと言われてもね。

《ボマー・ドラゴン》
単体除去が少ないコアキの除去手段として。正直そんなに相性は良くない。

次は維持コストにならない(+メインデッキの)モンスター。

《召喚僧サモンプリースト》
理想:サモプリ召喚!サモプリ効果でウルナイト特殊召喚!ウルナイト効果でコアキ召喚! !
現実:サモプリ召喚!鋼核を捨ててサモプリ効果、ウルナイト特殊召喚!ウルナイト効果で……あれ?鋼核がない。
とは言っても、やっぱ強い。少なくともケイローンとかよりも安定して使えると思う。

《The tyrant NEPTUNE》
>リリースしたモンスターの効果をコピーするが維持コストはコピーしないため、
>コアキメイルをこのモンスターのリリースとすることで、擬似的に維持コストを踏み倒すことが可能。
>コアキメイルは維持が必要な分、特殊召喚手段自体は豊富なので比較的狙いやすいだろう。
以上wikiより。
確かに特殊召喚手段は豊富かもしれない。
けど、それはほとんどウルナイトに頼ったものだったり、墓地蘇生だったりだ。
てかそもそもいくら特殊召喚できようが維持できなきゃアドバンス召喚のコストにすら出来ねぇよ!
まぁつまり蘇生等によるサポートは必須になります。
あ、でもマキシマムとは相性が良さげ。召喚権を行使しない特殊召喚モンスターなので。


《グローアップ・バルブ》
チューナーを入れたいならオススメ。
維持コストにはならない(正確にはグラヴィローズがいるので“し辛い”)ですが、優秀なチューナーです。
コアキには地属性が多いのでナチュビも出しやすいですし、
ウルナイトの効果を組み合わせればトリシューラだって出せます。


続いてエクストラデッキ。
ウルナイトの効果とマッチした、基本はランク4エクシーズモンスターが良いです。
どのデッキにも入るような無難なシンクロモンスターは除外。

《E-HERO ダーク・ガイア》
まぁ鉄板。 岩石族と悪魔族を組み合わせるメリットそのもの。ダークコーリングでどうぞ。

《ナチュル・ビースト》
バルブを使うなら。魔法封じは強いですね。

《ナチュル・パルキオン》
ストライカーを使うなら。罠封じは少し優先度は落ちますが、やっぱ優秀。

《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》
ランク3を召喚できる手段がある+ダークガイアを特殊召喚することが出来るなら、おすすめ。

《M.X-セイバー インヴォーカー》
ウルナイトをサーチすることの出来る数少ないモンスターの1枚。
問題はランク3の安定した召喚手段が少ないこと。ツアーガイドに期待。

《ヴェルズ・ウロボロス》・《ヴァイロン・ディシグマ》・《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
サモプリと絡めないと特殊召喚はし辛いですが、どのモンスターも優秀で使いやすい効果を持っています。
エクストラに余裕があるならどうぞ。

《インヴェルズ・ローチ》
悪魔族であり、攻撃力がそこそこあり、出しやすく、そして優秀な効果。欠点は値段が張ること。
効果的にも出しやすさ的にも2枚は欲しいんだけど……。

《ジェムナイト・パール》
岩石族、ATK2600のバニラ。2000以上の打点に対応出来なかった弱点を解消してくれた救世主。
ダークガイアを採用するなら必須。通常の純コアキでも打点という意味で必須。

《ダイガスタ・エメラル》
ガスタと言う名のジェムナイト。岩石族であり、ATKも1800と及第点。
通常モンスターを特殊召喚する効果は使い辛いですが、擬似貪壺効果はなかなかに優秀。

《ラヴァルバル・チェイン》
1つ目の効果は鋼核を落としたり、ヴァラファールを墓地に送ることが出来、
2つ目の効果もウルナイトをサーチする手段としても有用ではあります。
一番の問題は、某ショップによる吊り上げのせいで値段がオカシイことになっていることでしょうか。

《No.39 希望皇ホープ》
攻撃力はパールに劣り、効果の方もエメラル、チェイン、ローチと比べるとさほどでもないですが、
“入手難度が低い”という点が他を圧倒しています。ランク4の数を稼ぐ意味でも採用の価値アリ。

《CNo.39 希望皇ホープレイ》
もしもスペースがあるなら入れてもいいかもしれません。
一応、ホープの自壊を防ぐことができます。

終わり。自壊もとい次回の予定はなし。
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。