1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » クリスマスへの絶望、渇望、羨望とアニメ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

クリスマスへの絶望、渇望、羨望とアニメ感想

ウェーイ、どうも。いやぁクリスマスですね。メリークリ○○ス!
なんだか巷では24日と25日の間の6時間ほどがメインなんだぜ!って人が多いらしいですが、
自分にとっては関係ない話だし、24日にパコパコしようが25日にパコパコそれ以外の時にパコパコしようが、
どっちも似たようなもんなんだぜ畜生。

とまぁ「男の嫉妬とか情けないよねー」という内容でお送りしましたが、
皆様いかがお過ごしだったのでしょうかね。ぱこぱこしてた奴は今すぐ戻るボタンを押せ畜生。


もうあれだ、リア充とか爆発すればいいと思うわ。

それにしてもこの「リア充爆発しろ」もある種フレーズ化してしまったせいか、軽い言葉になりましたね。
憤りとか嫉妬とか渇望とか羨望とか、そういった「悪意」に塗れた台詞じゃなくなって居るように感じます。

もっと心の底から、憎しみと哀しみとかを込めて底知れぬ嫉妬共に言わなくちゃいけねぇのに……。

あ、ちなみに聖夜自体を否定しているわけではないのですよ?だってサンタっ娘画像手に入るじゃ(ry


閑話休題。


では話は変わりましてアニメの感想。
遂にFate、境ホラ共に最終回。ま、どちらも2クール目が決まっているわけですが。

まずはFate。今回もかなりの良回。
キャスター関係での台詞が増えており、いっそうキャスターとうりゅーの「絆」が強調されましたね。
どちらも狂人ですが。その絆の半分だけでもセイバー、ランサー陣営に分けていれば……。

内容自体は、キャスターが海魔を召喚→倒さねぇとやべぇ!→よし、全員で協力してこいつを倒すぞ!→おう!
というなんか王道の打ち切りパターンでした。

海魔を倒してキャスター脱落で1クール目を終えるものだと思っていたので、正直なところ、意外の一言。


アニメ全体としては、不満点が本当に少なくて、アニメ化して本当に良かったと思えた作品でした。
2クール目も期待しています。


ところでライダーの戦車に乗っていたウェイバーきゅんだけど、
キャスターの召喚した海魔なんか直接見たらSAN値ロールしなくちゃなんないんじゃね?
旧支配者クラスとまでは行かなくても、そこそこなダイス面が要求されそう。



次、境界線上のホライゾン。結局「Judgement!」はなしですか、そうですか。
とりあえず、ホライゾン奪還、そして次クールの布石となる2巻(上)の内容をちょろっとやって終了となりました。
特に語るものはないかな?二鏡文とかもまだ判明していないところですし。


アニメ全体としては、正直微妙だったと言わざるを得ない。作品に対する愛は伝わりましたが。
やっぱりカットされたところが多いですし、説明(及び原作の読みこみ)がなければ分り辛すぎる。

ただ、文章では分かりにくかった「動き」が映像となったら分かりやすくもなりましたし、
今後、文章で読む際にも「動き」がイメージしやすく放ったという点は評価。

まぁ「非常に長い上に、設定が複雑かつ意味があるものが非常に多く、アニメ化に向いていなかった」今作を、
よくここまでやることが出来たという点を褒めるべきなのかもしれませんね。



今回はここまで。
今回紹介する作業用の曲は、「The Carol of the Old Ones」です。

スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。