1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » カードゲーム
  4. » コアキメイルと制限改訂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

コアキメイルと制限改訂

最近遊戯をやってなかった。忙しかったしなぁ。

まぁあと半年間は虫環境or虫を超える新たなぶっ壊れテーマが世を支配するのは、
あの制限改訂の内容からも確定的に明らかだったので、
ツアーガイドが来日する(と思われる)9月頃までしばらくやめてようかなぁとか思っていたのは事実だったり。


まぁ、友人に誘われたので少し久々に弄ろうかな。
当然ながらコアキな内容なので一応注意。
まずは今回の制限改訂を受けてコアキが受けた影響は、
・トリシューラが使えなくなった。
・バルブが使えなくなったことによりシンクロの機会が減った。
・ストライカーが制限になったことでシンクロの機会が減った&維持コストの確保が困難に。
・リビングデッドの呼び声が制限解除→劣化リビデの「コアの再練成」がいらない子に。まぁ元か(ry
・ダストシュートの禁止化により多少マシに。

今回は動いたカードは少ないものの、デメリットをかなり被ってしまいました。
ストライカーは予期していたものの、バルブとトリシュの禁止化は予想外かつ相当な痛手。

特にバルブが痛い。ナチュビを出しづらいのは本当にきつい。
代替となり得るのがナチュル・チェリーという段階でもう色々とダメ。

ストライカーの制限化も、ウォーアームズが使用し辛くなり、
パルキオンを出し辛くなるなどと被害は甚大と相成りました。

総合的かつ個人的な感想を述べさせていただくと、
制限・禁止化がピンポイントで刺ってしまい、
一見するとそんなに変える必要がなさそうに見えるけれど、
実際のところは、大部分の修正(というか変わりのカードを探して、それを含めたバランスを考える作業)が、
必要になる制限改訂でした。


それでいて、かの悪名高きインゼクターにはなんの修正も入らないと……(まぁ登場したてだし予想はしてたがな)
そもそもバルブ、スポーア、トリシュの禁止化は別によかったんじゃね?死体蹴りやめろよコンマイ。

ホント今回の制限改訂は久々に遊戯を辞めたくなる制限改訂でしたわ。
友人からの誘いがなかったらしばらく本当に止めてたと思う。




愚痴はここまで。ちなみに前に書いたのはいいけど投稿していなかったものに少し手を加えただけのものだから、
結構悲壮感溢れていると思う。

ウルナイトがいなかったりした頃のコアキに比べたら屁でもない制限改訂だったことを忘れている辺りが、
所謂若さゆえの過ちというやつですな。

つか前期が良すぎたってだけの話なんですよね。言うなればコアキを展開できた時。
そう、つまり今期は自壊の時なんです。新たに展開できる時を耐え忍びながら待っているというわけです。


とりあえず制限に合わせたコアキですが、六武衆と組み合わせてみようかなとか思ってます。
やっぱベルグザークの2回攻撃の快感は忘れられねーぜ。

問題は、六武衆の割合を増やしていくと、コアリミットいらなくね?つかウルナイトいらなくね?となり、
最終的に六武衆にベルグザークが派遣されているだけという形になりかねないことだったり。

あくまでもテーマに派遣する形ではなく、派遣させる形でなくてはいけないわけです。
(そういう意味でもTGはよかった。元々向こうも派遣要因だからバランスを欠かずに【コアキメイル】になってた)

非常に難しい。シナイとミズホの夫婦とご隠居を派遣している形を構想しているものの、
どう足掻いても「コアキメイルを抜くほうが強い」という結論に至ってしまう……。

自分の足りない脳味噌じゃ安定した形には多分持っていけないので、
最終的にはやはり半年間、コアの再練成が為されるのを待つことになると思います。


最近は岩石メタビに目が奪われて行っているので、もしなんか作るにしても多分そっちに浮気するかな。
コアキは半年経ったら本気出す。そして自壊する。
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。