1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » ラスボス?まで到達。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

ラスボス?まで到達。

今日もまた世界樹IVの感想です。第5層の内容になるのでネタバレ注意。

とりあえず表ボス(だと思われる敵)にまで到達しました。
専用BGMで、アレだけ大きくて、ボスっぽい敵ですし多分表ラスボスでしょう。


第5迷宮は、正面扉が開かない為、扉を開ける為の何かを探す事になりました。
そして左の方をずんずん進むと第4迷宮へのワープゾーン。

まぁここから今までの迷宮を遡っていくという割と熱めな展開となりました。
個人的にはこの流れはかなり好き。特に今までのギミックを使用して突破するというあたりが超Good。
さらに、世界樹Iの敵が出現したり、そのエリアの強敵だった雑魚敵が強化されて出現するあたりも最高。

そういや「森の廃坑」に無茶苦茶強い敵が出るのも燃えた。
強いて言うなら第6層に行った後に出現するならさらに良かった。


それはさておき、1~4層の手のマーク王の印に触れると第5層「煌天破ノ都」の攻略が可能となります。

中には、吸血蝙蝠や空飛ぶ蟹や眠っている獅子とかが蠢いていますが、まぁ大したことはない。
FOEとしてラフレシアも蠢いていますが、見た目ほど強くはない。
そんなわけでずんずん進んだ結果……死にかけました。

理由は、クエスト「煌天破の鍵」です。
自分は罠とわかっていてもとりあえず進みたくなるタイプなのですが、
最初の扉でダメージを喰らい、「ああそういう仕組みか」と納得した後、
「あとで全部回収しよう」と、とりあえず全部正解の道を歩むことにした所……最後の扉で間違えた。

致死的ダメージ、そしてなんとTP500喪失。極めつけに敵キャラ出現(しかも不意打ち)。
ダメージを食らったのがフォートレス(食いしばり持ち)だったから良かったものの、下手したら死んでましたわ。
いやぁ肝が冷えた。今回の世界樹ではあまり死にかけていないからか、割と迂闊な行動をしてしまって困る。


そしてその場所をちょっと先へ進むと緑の香りがするという明らかに怪しい部屋を発見。
(無論セーブしてから)特攻!そこには変な仮面野郎と皇子が。そして皇子と戦闘。

戦闘になるのは予想済みでしたが、まさかこの第5迷宮が1階限りだとは思わなんだ。


実質この第5迷宮のボス(中ボスかも)となるわけですが、その実力は……。
基本はローゲル戦と同様にインペリアル系のスキルを使ってきましたが、
威力が案外普通のボスラインでさほどでもない。

少なくとも1撃で1000程度吹き飛ぶと思っていたらフォートレスが耐えてしまい拍子抜け。
縛り技を使ってはきますが、リカバリーで対処すれば問題なし。

「まさか連戦なのか?」と完全に相手を舐めていた時、相手がアクションを起こした。

「イグニッション」

まぁ戦った事のある方なら分かるでしょう。
次のターン以降、オーバードライブを続けざまに打たれてhageました。
ちょうどバフ、デバフが切れるタイミングだったということもありますがアレは捌き切れない。

正直、勝てる勝負を侮ったばかりに負けたというのは割と悔しい。
とりあえず即座に再戦を申し込みボコってきました。



そしたら、巨人が復活して第4層で棒立ち状態。話しかけるとバトルになるっぽかったので、セーブしてから特攻。
タイトルから分かるかもしれませんがhageました。一部プレミスも有りましたが、無くても多分負けてた。

伝承の巨人こと『楽園の導き手』は、右手と左手がそれぞれ別のモンスター状態で出現するという、
まぁよくあるボスっぽいタイプのモンスター。
恐らくは右手が物理攻撃担当、左手は状態異常担当、本体は三属性攻撃担当だと思います。
また、両腕がある間は本体は後列にいる為、
本体が後列にいる間は前衛キャラではまともににダメージを与えられないという、
今作のシステムを使用したやらしいモンスターです。
(まぁ仮に前作とかに出たら「両手を倒さないとダメージを与えられない」とかになるんでしょうけど)

さらに厄介なのは、両腕は倒されて暫くすると復活する点。なかなか思うように本体にダメージを通せない。
右手も左手もそれなりに硬い(少なくともHPは3000以上はある)為、なかなか落ちない。
非常に長期戦を強いられました。

なんとか「楽園への導き手」のHPを0にしても「剥き出しの精髄」に変化して戦闘は続きます。
全属性弱点かつ何もしてこないとは言っても、
「これが最後だ」と全火力を叩き込んでしまったパーティにあの体力の多さは辛い。
結局倒しきれず、「楽園への導き手」に戻ってしまいました。

敵HPは残り2割とはいえ、こちらは皇子との連戦ということもあってか(多分関係ないけど)TPがカツカツ。
最終的に両手には目もくれず本体に攻撃をしかけた結果、もう一度露出させられましたが、
両手の絶え間ないディフェンスによってまたもや倒しきれず。最終的に敵の深緑の聖櫃という技でhageました。



余談ですが、
今回のパーティは「フォートレス、ソードマン、インペリアル、メディック、ガンナー」というパーティ。
そしてTPが最初に切れたのは、メディックでした。

意外かもしれないですね。TP的には一番余裕が有るはずですし。理由はサブランク。

フォートレスは自動でTPを回復できる。インペリアルは「シャープ→インパルス」で回復できる。
ソードマンもサブがインペリアルなので同様。そしてプレミスをしたガンナーはサブモノノフで羅刹でTP回復。
そして肝心のメディックは、空きターンにデバフを撒く為にサブがミスティックだったんです。

さらに余談ですが、プレミスとは、羅刹→羅刹解除と行うためのTPを残すのを忘れてしまったことです。
アムリタ、ハマオはメディックに回してましたし。もしかしたらその分のスキルで勝てたかもと思うと口惜しい。



とりあえず今度はしっかり食事をしてから挑もうと思います。対策も練ったし多分次は勝てる。


今回はここまで。
今回紹介する作業用の曲は、RDの「Don't Stop! Carry On!」です。

機動戦士Vガンダムの後期OPテーマです。
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。