1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 日常(と言う名の未分類)
  4. » 消費増税

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

消費増税

消費税増税が決まりましたね。本当に愚策。
いや、まぁ政治的な視点からはある程度の正当性は理解できるんですけれどね。
例えば、
「事実上の国際公約となっている為、実行しなかった場合は(主にいつもの)他国に批判を受ける可能性がある」とか。
ただ、経済的に見るのなら明らかに愚策。


なぜ消費増税が愚策なのか。
単純にそれは「財政の健全化に繋がらず、景気を悪化させる」策だから。

消費が減少すると景気が悪化します。
これは過去のデータからも示されていることですし、
「消費増税だって?よっしゃ!金使いまくったろ!!」となる人がいないことからも明らかです。

んで景気が悪化するとどうなるか。

消費税は、消費者の消費意欲に左右される、
即ち「非常に景気に左右されやすい税金」である為、景気が悪化すると税収入が減ります。
結果的には「税金を上げて税収入を減らす」という形になるということ。これもうわかんねぇな。

税収入を減らさないようにするためには、
社会保障や景気対策による政府支出の増加が必須となります。
が、この場合は税収の増加を打ち消してしまうので財政収支は改善しません。


つまり結論は、どう考えても財政健全化に繋がらない可能性の方が高い。
その上、景気は悪化するわけですから総合的に見てマイナスしかない。

そういや消費税増税賛成派の大多数を占める賛成理由は「社会保障のため」らしいですね。
これで社会保障の資金が確保できると思うの?ばかなの?
まぁどうせ本音は隠しているんでしょうけどね。さっさと「儲かるから」って言っちまえよ。


勿論、消費増税はあらゆる状態で悪というわけではないです。
例えば、インフレ状態下においては、
財政規律を引き締めようとする場合は政府支出を減らすのが正解ですので、
基本的には消費税増税を積極的に行ったほうがいいです。
(実際、バブル時はそれを欠いたからこその失敗&今のツケ)

しかし、今の日本はデフレなのですから、消費を減らす税制・政策は前述した通り意味がない。
そこが分かっていないor他に賛成したい理由があるから「消費税増税」になるわけです。
まぁ分かっててやっている奴が賛成派の中核なわけですが。

もし今増税するというのなら、消費側の税ではなく貯蓄側の税を増税する必要がある。
政府支出は減らすのではなく、消費性向の高い経済主体に支出を集中させる。


まぁ決まった以上もう何言っても無駄なんだけどね。
今できることは「消費増税で景気が冷える分を上回る財政出動」を期待するぐらいでしょう。
今回紹介する作業用の曲は、中島みゆきさんの「旅人のうた」です。

日本テレビ系ドラマ『家なき子2』の主題歌らしいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。