1. Top
  2. » カードゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

コアキメイルと制限改訂

最近遊戯をやってなかった。忙しかったしなぁ。

まぁあと半年間は虫環境or虫を超える新たなぶっ壊れテーマが世を支配するのは、
あの制限改訂の内容からも確定的に明らかだったので、
ツアーガイドが来日する(と思われる)9月頃までしばらくやめてようかなぁとか思っていたのは事実だったり。


まぁ、友人に誘われたので少し久々に弄ろうかな。
当然ながらコアキな内容なので一応注意。

» 続きを読む

新制限の季節がやってきたか……。

バルブとトリシュが円環の理に導かれたらしいですね。
あとストライカーも制限だそうで。 

まぁTGが逝くのは分かっていましたが、バルブとトリシュが消えたのが痛い。
これでナチュビを出せなくなってしもうた。

コアキも組み直しの時期ってことだな。
とりあえず新制限が確定するまではデッキ構築は止めておこう。崩す前に気付けばよかったわ。
とりあえずツアーガイドが来日したら本気出す。

ガスタの扱いへの愚痴

なんというか、自分が好きになったDTテーマって毎回DT世界を滅ぼしているんですけど。
この分ならきっとセイクリッドもDT世界を滅ぼしてくれるに違いない。


さて、どうも。

なんでも氷結界に引き続きガスタがDT世界を破滅に導くみたいですね。
猛毒の風からはや半年。ずっと耐え続けた結果が御覧の有様。これが人間のやることかよぉぉおお!!

ストーリー的にはかなり不遇だったと思う。
いきなり隣から侵略され、蹂躙され、毒をばらまかれ、そして最後にはすがった神様が破壊神だったというオチ。
こんなのってないよ!あんまりだよ!!

まぁ氷結界と比べると幾分かマシですが。つかあれと比べては身も蓋もないか?
ストーリーの方では無駄にトリシュを開放して世界を滅ぼして、
実戦の方では「まともに戦えない」「シンクロだけは強い」という状態で、
挙句の果てには「枠潰し」と罵られていた“あの頃”の氷結界の絶望に比べるとね。

少なくともある程度まともに戦えるというだけ有情なんだろう。


さて、それに引き換え。


セイクリッドのあの強化されっぷりはセイクリッドを組んでいる自分ですら嫉妬を覚えざるを得ない。
慢心、環境の違いというやつなのか?いやどう考えても環境の違いだけだろう。

まぁそこそこ強くて、かつ規制を食らうほどまでは強くないという程よさは、
使っている身としては非常に嬉しいのですがね。


というわけでタイトル通り完全な愚痴となりました。終わり。

【水コアキって】水コアキ デッキレシピ【何ぞ?】

水コアキってなんなんだ?実は自分も知らない。

コアキスレとかで度々名前だけは見たのですがデッキレシピとかも詳しく見たことなかったし、
辛うじて、「天変地異とコアキを組み合わせたものらしい」ことは解っても、
天変地異とコアキを組み合わせることでどんなシナジーが生まれるかなんて想像できない。
(そもそも自分は天変地異コントロールを詳しく知らない)

まぁそんなわけで“一応レベル”になりますが、組んでみました。
もしも水コアキについて詳しく知っているならば教えて欲しい……。

» 続きを読む

コアキはどうして弱いのか。

ついに某ブログでコアキメイルスレが晒されたまとめられました。
いやはやあんな有名サイトにまとめられるなんてコアキも出世したもんだ。
コメ欄の「コアキってまだ息してたの?」というコメントで発狂寸前の自分。

よくよく考えたら登場以来からマトモに“ずっと”作り続けたデッキってこれだけだわ。
我ながら長い付き合いになったと思う。


そして改めて思ったけど、ホントどうしてコアキはデッキにすると弱くなるのだろうか。
単体でのステータスと効果はかなり優秀なのが多いのに。一見すると強いのに。


というわけで今回はその「弱さの理由」を考えてみた。


理由は諸説あるだろうけど、「維持コストの存在」に関しては誰もが賛同するはず。
てかこれはバランスのために必要だろ常考。無かったら壊れってレベルじゃないし。

維持コストに関しては、自壊のタイミングが「エンドフェイズ」なのもきつい理由の一つだと思う。
もしも「スタンバイフェイズ」or「ドローフェイズ」だったら話は(多少は)違ったはず。


それだけだったらまだしも、純コアキの場合は、
・効果の起動のために鋼核を要求される機会が多すぎる
・回転の基礎になるウルナイトを出さなければ回転しない
・自壊デメリットを回避するための維持コスト
この3点の内、最低2点は同時に満たす必要があるからというのもある。しかもどれも致命的とも言える欠点。

そしてこれらを満たさなければいけないのに、コアキ(及び鋼核)の“汎用”サーチはない。
(一応、汎用サーチならロックがいるけど戦闘破壊時で弱く、鋼核汎用サーチはディスアドだらけ)


これらを解消するには、
・鋼核を手札に加える手段の確保→現時点ではディスアドバンテージを負わずに加える手段が皆無
・ウルナイト頼りではない状態にする≒コアキである必要性がない
・維持コストを確保できるようにする≒種族をなるべく纏める→究極的には種族統一=コアキである必要性がない
ということだ。うん、どうあがいても絶望。


まぁ絶望ばかりではないですが。色々と地味、かつ間接的な強化は続いていますし。
(最近で一番大きかったのはエクシーズ召喚の登場)

……てか初期に比べたら本当に強くなった。
鋼核を加える手段が、緊急鋼核処分しか無かった頃と言ったら……。
ダークガイアでぶっぱするぐらいしか戦う手段がなかった。その頃に比べたら全然マシ。

地味に、地味に強化自体はされ続けています。特にエクシーズ召喚。これにはホント助けられた。
今後も“地味に”強化され続けることを願います。

《コアキメイルの考察》 そのよん

トップデッキのヤツらは恵まれたな効果を得ながら、くだらない思想をぶつけ合っている。
コアキはそのしわ寄せでこんな効果を……強いられているんだ!!(集中線)

どうも。GSの再録カード、カオスポッド再録がかなり嬉しい。
コアキメイルと結構相性がいいし。


さてさて今回はコアキと相性がいいカード及び相性がいいと言われるカードを考えてみた。
自分が書くコアキ系記事の例に漏れず、無駄に長いです。

» 続きを読む

コアキメイル ツアーガイド採用版メモ

新たなコアキメイルの探求だ!

どうせ次の制限改訂でTG出張セットことストウルフは逝くでしょうし、新たな形を考えなくては。

というわけでツアーガイドを採用してみたデッキレシピをメモがてら晒してみる。

» 続きを読む

新規カードも来るということでセイクリッドを組み直し

久々のカードゲーム記事。
セイクリッドに関して、紙束状態から一切更新していなかったことを思い出したので、
(メモも兼ねて)とりあえず新規カード込でのデッキレシピを載せておこうと思う。

まだある程度調整中の段階なので気にしないでみたらいいと思うよ。

» 続きを読む

久々のカードゲーム

ここに来てのコンマイのばら撒き。

さて、色々とフラゲが来てましたね。なんでも、ついにオシリスがVJに付くとか。
あれはイイね。イラストアド高くて。しかも効果の再現率も高い。
ほんとヲーとは比べものにならない。

あとPP情報も来てた。面白そうなカード多数。漫画で使われた切り札的カードが多いように感じます。
個人的にはマアトとオーガドラグーンがどうなるかが気になる。


そして何よりも……。個人的にはホルアクティの収録がビッグニュースでしたわ。
「オシリス」「ラー」「オベリスク」リリースで特殊召喚時に特殊勝利効果らしいです。
まぁ効果はある意味原作再現(?)ですが、それよりも問題なのは入手方法。鬼畜すぎる。

総応募抽選で選ばれた10000人しか手に入らないなんて……。
まぁ恐らくは「公式デュエルでは使用できない」仕様にはなるでしょう。または再録するか。

いずれにしろシングル価格がやばいことになるのは間違いない。

本当にコンマイ汚い。

ここしばらくカード関係の記事が続いているような気がするが上手く言葉にできない

バイス・ドラゴン       「レダメが採録したようだな……」
E・HERO プリズマー 「ククク…奴は四天王の中でも最弱……」
インヴェルズ・ローチ     「ストラクごときで再録とは絶版カードの面汚しよ……」

ローチは絶版じゃなかったかもですが、入手難度を考えたら似たようなもんか。
……けどその理屈で行くと、開闢やクェーサーとかも四天王に含まれてまう……。

まぁそんなどうでもいいことは置いておきまして、遂にレダメが採録するらしいですね。
他にもかの青眼、真紅眼も再録とのこと。
……個人的にはあと白石とかボマー・ドラゴン辺りが採録すればいいな……なんて(チラチラ

ついでにパッケージモンスターも判明。

「ライトパルサー・ドラゴン」
星6 光 ドラゴン 2500/1500
墓地の光闇1体ずつ除外で手札からSS。
手札の光闇1体ずつ墓地送りで自分の墓地からSS。
フィールドから墓地に送られた場合、墓地のレベル5以上闇ドラゴンをSS。

効果はこんな感じらしい。
ストラクはぶっ壊れが続いていたからか、なんだか地味な性能に見えて困る。
いや、どう考えても無難に強いとは思うんですけどね。
……と思ったら、キャノン・ソルジャーと、レダメでワンキルができるという話。

もしもライトパルサーの登場のせいでレダメが禁止になったら純ドラ使いは怒るでしょうね。
強化のために出てきたカードのせいで弱体化するなんて話になったら……ねぇ。
毎度のことだけどコンマイはもう少し頭使ってカード作れよ。
確かに扱うべきカードが多いかもしれないけど、キャノンソルジャーは色々と前科持ちなわけだし、
それと組み合わせられるような事態を招くなよ。


……さて、画像を転載してすらいないところから分かるかもですが、実は今回のストラクにはあんまり興味がない。

自分は純ドラを組んでいるわけでもなし、裏サイバーは随分前に組んでたけどもう崩しているし、
そしてドラゴン族のコアキメイルが増えるわけでもない。

どっちかというと、VEの「超弩級砲塔列車 グフタス・マックス」の方が気になる。

セイクリッド、とりあえず組んでみた。

軽くセイクリッドのデッキレシピを考えようかな……。

某宗教の動画がうpされたと聞いて、関連カード高くなるのかなぁ……とビクビクしてます。
まぁセイクリッド本体は既にほぼ集め終えてはいますが。

あと、どうでもいい話だけれども、
『セイクリッドには「アルデバラン」があれば完璧だった』というタイトルで記事投稿したのですが、
ありましたね、「セイクリッド・ダバラン」が。すいません完全に勘違い。首吊って詫びたい。
(とりあえず記事名だけ変更してきた。ああくそう恥ずい)

……けどこれでもう組むしかなくなった。いあ!いあ!はすたぁ!!

とりあえず脳内でてけとーに組んでみた。

» 続きを読む

【メモ】TGコアキ【2011年10月9日版】

とりあえずデッキレシピのメモ。TGとコアキメイルを組み合わせた【派遣テーマ】デッキ。

一応軽くなので、まだしっかりと練れてはいません。
そこら辺ご了承ください。


[モンス]18枚
TGストライカー3 TGワーウルフ3 クルセイダー3 ウルナイト3 ベルグザーク3 バルブ1 マキシマム2

[魔法]14枚
蘇生1 ブラックホール1 大嵐1 強謙3 鋼核3 サイクロン2 コアリミット3

[罠]8枚
激流葬1 奈落2 リビデ2 警告2 宣告1

[ex]
(シンクロ) ディサイシブ トリシュ 星屑 スクドラ 黒薔薇 ブリュ パルキオン 司書 カタス ナチュビ
(エクシーズ) ローチ パール ホープ チェイン ショックルーラー
鋼核を使うモンスターがウルナイトだけならば、鋼核は2枚でいい気もしますが、とりあえずメモなので。
比較的獣戦士寄りかな?だったら幻獣の角ぐらい採用しろ?……だよねー。

とりあえずどう動くのかだけ確認しましたが、比較的維持が楽。やっぱ派遣要員としてもTGは格が違うわ。
汎用性がケタ違いだ。……派遣要員としても敗衄してしまったコアキメイルに未来はあるのか!?

とまぁそんな事は置いておいて、デッキとしての総感。
コアキを除去られても返しでTGを使えば割と戦線の立て直しは割とし易い。

そして「コアキの打点は~下級一ィィィ!!」と言う事で同レベル帯のモンスターには、まず戦闘負けしない。
悪くて相討ち。TG的に相性が悪いライオウとも基本相討ちを取れるのが非常に大きい。

また、普段のコアキよりもシンクロを能動的に行える分、打点が高めにできる。
故にコアリミットの必要性に疑問を感じ始める程に、デッキとしての打点は高い。

弱点は……コアキメイルがいること粗探しすればいくらでも見つかるのでカット。

現在はルークロードとマキシマムのどっちを本採用するか迷い中。


最後にいくつか疑問に思いそうなことについて。

・強謙を何処で手に入れた?
カードは拾っ(ry
すんません嘘です、まだプロキシで回しているだけです……。
ちくしょう、強謙難民なめんな!!


・鋼核を手札に加える手段
鋼核を加える手段は強謙(と己が運命力)のみ。正直、能動的に行える他の加える手段ってアド損なので、
鋼核による維持が必須となる構成ではないならば、強謙を使って順次揃えるほうが実は事故率が減る。

またロックも戦闘破壊時と遅いので、ウルナイト以外に手札に加えたいコアキがいないならば採用の価値は低い。

というかコアキメイル最大の事故要因は、鋼核及びそれを手札に加えるカードなので、
それを減らすだけでも安定度はぐんと上がる。てかコアキを抜くのが一番事故率が(ry


・TG1-EM1は?幻獣の角は?
デッキスペースの問題。


・バルブは何のために?どうやって落とすの?
ナチュビの為。落とす方法は……チェインで……ええ。




とこんな感じ。アドバイスがあったらください、是非!
あ、疑問があったら聞いてくださいね。答えられる範囲でならば答えます。
では今回はここまで。多分次はセイクリッド。
プロフィール

桜火

Author:桜火

カウント 
最近の記事
カレンダー
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。